IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“代打・投手”なのに特大ホームラン!?
「デカ」高橋智を覚醒させた練習法とは
豪快なホームランの印象が強かった「デカ」こと高橋智だが、実は打率を残せる器用さにも自信を持っていたという
豪快なホームランの印象が強かった「デカ」こと高橋智だが、実は打率を残せる器用さにも自信を持っていたという【写真は共同】

 あのころ、日本人選手で身長194センチといえば、一人飛び抜けてデカかった。そこで、まず高橋智に付いたニックネームは「デカ」。ブーマー・ウェルズ(阪急)、ラルフ・ブライアント(近鉄)、オレステス・デストラーデ(西武)らに見劣りしない体格で、彼らのパワーにも負けない打球を放ったことから、「和製外国人選手」と呼ばれることもあった。人気ラッパーMCハマーに似たヘアスタイルにピアスを付けた、ちょっぴりヤンチャな雰囲気も相まってファンに愛された、記憶に残る選手である。

投手・高橋が代打でまさかの特大ホームラン

2年でピッチャーをクビになった高橋智。水谷実雄コーチの猛練習に耐え、一軍で通用する技術、体力を身につけた
2年でピッチャーをクビになった高橋智。水谷実雄コーチの猛練習に耐え、一軍で通用する技術、体力を身につけた【写真は共同】

 神奈川・向上高からピッチャーとして1984年、阪急に入団。高卒ルーキーは二軍の試合になると、バックネット裏に座ってスコアを付けていた。イニングの合間にはそのデータを持って、ベンチに走る。ところがある日の試合で、代打が誰もいなくなった。見ると、ベンチから中田(昌宏)二軍監督が手招きしている。


「そのまま代打に行って、西宮球場の中段へホームランを打っちゃった。バッティングなんか、お遊びでしかやっていなかったのにね。中日戦で、確か相手は斉藤学(現・福岡ソフトバンクコーチ)さんだったと思います」


 そのときベンチには、現役最終年のスラッガー・水谷実雄がいた。その一打で、高橋に何か感じるものがあったかどうかは分からない。ただ翌1986年、『プロ野球ニュース』で、1987年から阪急二軍打撃コーチに就任の決まった水谷が、「一人デカいのがおるから、あれを一人前に育てます」と宣言した。それを見て、「俺のことだな」と思ったのは鮮明に覚えている。高橋はその年ピッチャーを“クビ”になり、外野手に転向していた。


「お前は一度(クビになって)死んだ人間なんだから、人の何万倍努力せなあかん」


 それが水谷コーチの口癖だった。最初は怖くて、うるさくて、嫌だった。とにかくありとあらゆる練習をさせられた。


「バッティングで、前に助走をつけて打つ練習があるでしょう。あれの応用で、前に歩いて打つんです。水谷さんがバットに届くか届かないか、微妙な距離で投げるんですよ。しかも動きながらね。その球を、上半身で打ちにいくのではなく下半身をグッと開いて打つ。要は下半身の使い方を覚えること+下半身の強化ですね。それを何百球。キツかったですよ。横でブーマーとか『なんだ、その練習!』って笑っているし(笑)」


 試合で4打数ノーヒットでも、狙い球や打ち方がよければ水谷コーチは喜んでくれた。逆に4安打しても、プロセスが悪ければ怒られた。


「ファウルした瞬間、ベンチを見たら水谷さんがメッチャ怒っているんです。『自分の狙い球がきてタイミングよく打った。なぜファウルにするんだ』と。『プロだったら、その1球で仕留めろ』ということです。1球の重みを教わりました」


 野球に、プライベートに面倒を見てくれた水谷コーチが2年後、「お前にはまだ10のうち2、3しか教えていない」と言いながら退任。確かにまだ、独り立ちできる技量はなかった。二軍で結果は出しても、なかなか一軍定着に至らない。

前田恵

1963年、兵庫県神戸市生まれ。上智大学在学中の85、86年、川崎球場でグラウンドガールを務める。卒業後、ベースボール・マガジン社で野球誌編集記者。91年シーズン限りで退社し、フリーライターに。野球、サッカーなど各種スポーツのほか、旅行、教育、犬関係も執筆。著書に『母たちのプロ野球』(中央公論新社)、『野球酒場』(ベースボール・マガジン社)ほか。編集協力に野村克也著『野村克也からの手紙』(ベースボール・マガジン社)ほか。豪州プロ野球リーグABLの取材歴は20年を超え、昨季よりABL公認でABL Japan公式サイト(http://abl-japan.com)を運営中。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント