楽天株式会社

種目
サッカーなど
ビジネス
サッカーへの大規模投資による市場活性化
主な実績
Jリーグ・ヴィッセル神⼾におけるイニエスタ、ビジャ、ポドルスキといったビッグネームの選⼿獲得が⼤きな話題を呼んでおり、2018シーズンのホームゲーム年間入場者数が36万7716人(1試合平均2万1630⼈)と過去最⾼の数字を記録した。また、FCバルセロナとのパートナーシップを含めたサッカー関連のビジネスに加え、野球、テニス、バスケットなどへの投資、完全キャッシュレスによるスマートスタジアム構想など本業と連動した取り組みを積極的に進める。
評価
影響力◎/新規性◎/継続性◯
コメント
・ここ数年、海外のビッグネームが、米国MLSや中国Cリーグに集まる傾向が大きかった中、Jリーグへとやってくる流れをつくり、日本サッカー界への期待感を高めた影響、そのビジネス効果は絶大とも言える。
・サッカー・スポーツ界にとどまらないビジネス界における多大なインパクトを与えている。
プロフィール写真
写真は共同

公益社団法人日本フェンシング協会

種目
フェンシング
ビジネス
協会の経営改革および大会のエンターテインメント化
主な実績
2017年8月太田雄貴会長就任以降、「東京五輪のフェンシング会場を満員にする」を合言葉に、全日本選手権ファイナルマッチを東京グローブ座で開催するなど、大会改革・環境整備に着手。高円宮杯では、2年前(150人)の約35倍となる5248人を動員。ビズリーチと連携した副業・兼業限定ビジネス・プロフェッショナル人材採用には1127人の応募があった。マーケティング強化を目指すなど、2020年東京大会、そしてポスト2020に向けてさらなる躍進を図る。
評価
影響力◯/新規性◎/継続性◯
コメント
・エンターテインメント性を重視した話題づくりを仕掛け、大きな話題を呼んだ。
・メディア戦略とオンリーワンを意識したスピード感のある施策。
プロフィール写真
写真は共同

三井物産株式会社

種目
多種目
ビジネス
ハード・ソフト両面での幅広く長期的な資金援助
主な実績
MLBの球場運営のノウハウを研究し、フードサービス、スポンサーシップマーケティング、清掃業務などを通して、新たなサービスを提案する。最多記録を更新し続ける入場者数、50億円を超えるマーチャンダイジングなど広島東洋カープのビジネス面における躍進を支える。AIを活用したチケット価格変動サービス「ダイナミックプライシング」など、他球団、他施設、他競技へも展開する。
評価
影響力◯/新規性△/継続性◯
コメント
・MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島は建設前からサポート。2009年開場以来運営に携わる。
・三井物産および子会社であるエームサービス、三井物産フォーサイトが連携し、リソースが不足しているスポーツビジネスの拡大に貢献している。
プロフィール写真
写真は共同

株式会社モルテン

種目
多種目(サッカー)
ビジネス
日本企業によるサッカー国際大会公式試合球契約の快挙
主な実績
欧州サッカー連盟(UEFA)と2018-19シーズンからのUEFAヨーロッパリーグ(EL)の公式試合球契約を締結、全200超の試合に使われることになった。さらに、2018年5月にはアジアサッカー連盟(AFC)と、AFCが主催する国際大会における公式試合球契約を締結。2019年UAEで開催されたアジアカップでもモルテンのボールが公式球として利用された。
評価
影響力◯/新規性△/継続性◯
コメント
・欧州最大サッカー大会UEFAヨーロッパリーグとAFC大会の両方の公式球をアジア系会社として初めて射止めたのはエポックメイキング。
プロフィール写真
写真:松尾/アフロスポーツ

Jリーググループ

種目
サッカー
ビジネス
デジタル拡張活用による事業規模拡大
主な実績
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)。Jリーグホールディングス以下4つの事業会社と各クラブが連携し、OTTなどデジタル戦略を推進する。JリーグIDは100万超とコアファンの育成を推進。入場者数4年連続1000万人突破、事業規模1000億円超、全クラブ3期連続赤字・債務超過ゼロなど良質な経営を実現しつつ、さらなる事業拡大を目指している。
評価
影響力◯/新規性△/継続性◯
コメント
・2017年インターネット配信を行うDAZN(ダゾーン)と契約。さらにJリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」をリリース。
・開幕25周年を迎えたJリーグだが、時代や環境の変化に対応した施策に取り組んでいる。
プロフィール写真
写真は共同

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)

種目
バスケットボール
ビジネス
SNSとリアルの融合によるエンタメ・収益化
主な実績
2016年誕生以降、2シーズンを終え入場者数は旧リーグ時から50%増となる250万人に、また売上は10倍となる50億円を達成。リーグの全クラブがFacebookとTwitterの公式アカウントを開設し、Twitter社とFacebook社に協力を仰ぎ、全アカウントを公式認証化するなど、アリーナでのエンターテインメント性の充実を含めたリアルとの融合を意識したSNS戦略含め、リーグ認知・観客動員・売上増に貢献している。
評価
影響力△/新規性◯/継続性△
コメント
・国内のプロ野球・プロサッカー、海外スポーツビジネス等をベンチマークしながら、スポーツを活用した社会貢献への取り組みなど、先進的な事案に積極的にチャレンジしている。
・オールスターゲームにおいてリアルタイムでファンからのSNS投票による表彰を実施する施策をはじめ、さまざまなSNS戦略に注力する。
プロフィール写真
(C)B.LEAGUE

Albirex Singapore PTE LTD(アルビレックス新潟シンガポール)

種目
サッカー
ビジネス
海外における競技・事業両面での成功および地域貢献
主な実績
Jリーグクラブのアルビレックス新潟と提携し、2004年シンガポールリーグ参戦、2011年リーグカップ優勝、2016年からはリーグを3連覇するなどシンガポール屈指の強豪クラブとなる。シンガポールを拠点に、ミャンマー、マレーシア、スペイン、香港など各国に事業展開、J1クラブ並みの売上高約40億円を誇る。2018年には東京・渋谷にも拠点を設け、アルビレックスのブランディングに貢献する。
評価
影響力△/新規性△/継続性◯
コメント
・日本人選手を海外プロリーグでプレーさせ、国際経験を積ませる取り組み。
・アジアを中心とした世界各地と日本の架け橋となり、アルビレックスのブランディングに貢献する。
プロフィール写真
(C)PLAYMAKER/LEO SHENGWEI

評価軸について

新規性:海外モデルの輸入ではなく、独自の発想があるか。
影響力:スポーツ界に広まる可能性を秘めているか。
継続性:取り組みが継続するビジネスモデルになっているか。

各賞の趣旨について

グランプリ:日本のスポーツビジネスの目指すべき参考事例として、スポーツ界の発展に貢献するような取り組み。原則、具体的な成果の出ているものを受賞対象とする。本企画メインの賞。
ライジングスター賞:規模、知名度などの理由から大賞とはならなかったが、独自性や今後の可能性を期待し得る賞。新人賞。

スポーツビジネス関連コラム