IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シント=トロイデン買収の真相
第3回 STVVと交渉決裂!?

ベルギー1部のシント=トロイデンVV(STVV)をDMM.comが買収した計画の始動から今夏まで、激動の3年半の舞台裏に迫った。

青天の霹靂だった「破談」の報告

現地であいさつ回りをするため、オランダ・アムステルダムのスキポール空港に降り立った山形だったが……
現地であいさつ回りをするため、オランダ・アムステルダムのスキポール空港に降り立った山形だったが……【写真:アフロ】

「破談になりました。すみません……」


 耳に飛び込んできたのは、衝撃的な言葉だった――。


 STVVのオーナーであるローランド・ドゥシャトレとの面会に成功した日から2カ月が経った2017年5月23日、山形伸之はオランダ・アムステルダムのスキポール空港に降り立った。


 ドゥシャトレとの面会で好感触を得た山形はその後、日本にいったん帰国した。ここからは企業同士の買収交渉に入る。交渉の任務は山形の手から離れ、DMM.com(DMM)のM&A(企業買収)担当者と語学に優れた社員へと引き継がれた。


 買収成立は、間近だと聞いていた。だからこの日、山形は現地の日本企業や日本人会へのあいさつ回りをするため、日本からオランダに飛び、陸路でベルギーに入ることにしていた。


 しかし、アムステルダムの空港に降り立った瞬間、山形の携帯電話が着信を伝えた。電話に出た山形は、DMM社員からもたらされた交渉決裂の情報に耳を疑った。


「『え、どういうこと?』と聞いても、要領を得ない。どうやら、ドゥシャトレを怒らせてしまったようで。呆然としました。あまりにショックで頭の中が真っ白になって、イミグレーションで何も答えられず、オフィスで2時間拘束されましたから」


 ブラジル人のアンドレ・ピントは、スキポール空港で山形の到着を待っていた。STVVの強化を担当する予定のアンドレもまた、交渉成立間近と聞き、ベルギーサッカー界の下調べをするため、山形と落ち合い、車でブリュッセルに向かうはずだったのだ。


 しかし、山形を乗せた飛行機はとっくに着いているのに、山形の姿が見えない。


「2時間くらい経ったのかな。ようやく山形さんが出てきたんですけど、破談になったと聞いて、びっくりしました。そこから2人で、ホテルを取ってあったブリュッセルに向かったんですけど、車の中はものすごく暗い雰囲気でしたね」

山形の相方アンドレの青写真

山形の相方となりクラブの買収交渉に臨んだアンドレ
山形の相方となりクラブの買収交渉に臨んだアンドレ【飯尾篤史】

 アンドレは12年から17年3月までの約5年間、FC東京の強化部に在籍していた経歴の持ち主である。高校3年のときにブラジルから米国に留学し、大学院まで米国で暮らした。その後、縁があって来日し、子ども向けの英語教育の仕事に携わった。


 それからしばらく経った頃、知り合いを介してFC東京の大熊清監督を紹介され、ポルトガル語、英語が堪能ということで強化部に配属され、契約書の翻訳や外国人エージェントとの交渉などを行った。このとき、強化の最高責任者を務めていたのが、立石敬之だった。


「FC東京では、いろいろな経験をさせてもらいました。ただ、さらなるキャリアアップを考え、また米国で新しいチャレンジをしようと思ったんです。それでFC東京を辞めて準備をしていたら、立石さんからSTVVの話を紹介されて。僕の人生はずっとチャレンジ、チャレンジだったから、今度はベルギーで新しいチャレンジをするのもいいかな、と思ったんです」


 ところが、早くもその青写真が散ってしまったのだ。落ち込むな、というほうが無理である。この日はブリュッセルのホテルに泊まり、アンドレと山形は作戦会議をした。


「とりあえずドゥシャトレさんに会うしかないですよねって。それで翌日、アポを取ってシント=トロイデンに向かったんです」

飯尾篤史
飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント