IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シント=トロイデン買収の真相
第1回 動き出した欧州クラブ買収計画
ベルギー1部のシント=トロイデンVVをDMM.comが買収した計画の始動から今夏まで、激動の3年半の舞台裏に迫った
ベルギー1部のシント=トロイデンVVをDMM.comが買収した計画の始動から今夏まで、激動の3年半の舞台裏に迫った【(C)STVV】

ベルギー1部のシント=トロイデンVVをDMM.comが買収した計画の始動から今夏まで、激動の3年半の舞台裏に迫った。

日本サッカーの強化策を語り合った吉祥寺の夜

 リオデジャネイロ五輪の開幕を2カ月後に控えた2016年6月、昼間の熱気がなかなか引かずにいたある夜のこと――。


 吉祥寺駅前の細い路地にある商店街、ハーモニカ横丁で4人の男が酒をくみかわしていた。


 FC東京のGM(ゼネラルマネージャー)である立石敬之、立石の大学時代の後輩で、サッカー関連企業の代表取締役を務める山形伸之、山形の会社が運営するフットサルコートでコーチをしている倉田曜矢、倉田の都立久留米高サッカー部時代のチームメイトで、DMM.com(DMM)の事業部本部長の緒方悠である。


 4人に共通するのは、無類のサッカー好き、ということだった。


 そこで立石はビールジョッキを片手に、“いつものように”自身の思い描く夢を熱っぽく披露した。それは、日本サッカーを強くするためのアイデアだった。


 日本人選手のヨーロッパ移籍は簡単ではない。それに、運良く移籍できたとしても、出場機会を得られず、志半ばで帰国する選手も少なくない。だから、ヨーロッパの中堅リーグのクラブを買収し、ヨーロッパにおける日本サッカーの拠点となるクラブを作れないものだろうか。


 ヨーロッパで活躍するためのファーストステップになるような、それでいてヨーロッパで再起を誓う選手のための受け皿にもなるクラブ。そこに、選手だけでなく、指導者やメディカルスタッフを送り込む。さらには、フロントスタッフも在籍して、ヨーロッパの最先端でサッカービジネスを経験する。


 将来的には、日本代表やなでしこジャパンがヨーロッパ遠征をした際、そのクラブで合宿を張る。そんなことが可能になれば、日本サッカーを強くすることができるのではないか……。


 それは、FC東京の強化担当者として長友佑都や武藤嘉紀のヨーロッパ移籍に関わり、ヨーロッパのクラブと交渉を重ねるなかで温めたプランだった。


 立石はそんな夢を、大学の後輩である山形に何度となく話していた。そんな飲みの席に、あるとき、山形の紹介で倉田が加わるようになる。立石のアイデアを知った倉田は「自分の友人が勤める会社なら、その夢を実現できるかもしれませんよ」と言って、旧友である緒方を紹介した――こうした縁で開かれた飲み会だったのだ。

DMM亀山会長による「却下」

立石の夢を聞いた緒方は、「移籍ビジネスも盛んだし、マネタイズできて、事業として成り立つなら、うちでできるかもしれない」と事業化を目指した
立石の夢を聞いた緒方は、「移籍ビジネスも盛んだし、マネタイズできて、事業として成り立つなら、うちでできるかもしれない」と事業化を目指した【スポーツナビ】

「サッカー畑の方だけれど、すごくビジネス寄りの考えを持った方だな、というのが、立石さんの印象でしたね」


 そう振り返るのは、現在はDMMの執行役員を務める緒方である。


 都立久留米高で中村憲剛の3学年下だった緒方は高校卒業後、静岡産業大でサッカーを続けたが、大学1年時に中退して南米に飛び、アルゼンチンリーグ2部のベルグラーノでプロとなった。その後、1部チャカリータのセカンドチームに所属したのちに帰国し、ジェフユナイテッド市原・千葉に練習生として半年間在籍した。その後、引退して広告代理店に就職し、DMMに転職したという経歴の持ち主だ。


 DMMではパチンコのポータルアプリ事業を立ち上げ、成功させていた。


「中学時代はFC東京のアカデミー、まだ東京ガスでしたけれど、そこにも在籍していまして。ずっとサッカーをやってきたので、いつかサッカーの仕事がしたいと思っていたんです。うちの会社はこれまで、スポーツビジネスやスポーツ支援をあまりしていなかった。立石さんの話を聞いて、向こうは移籍ビジネスも盛んだし、マネタイズできて、事業として成り立つなら、うちでできるかもしれないなと」


 さっそく緒方は翌日、DMMの取締役である村中悠介に報告した。村中もサッカーが大好きな人間である。緒方の熱を込めた説明に、反対するはずがなかった。「これは、面白いね」と賛同した村中とともに、緒方はDMMの会長である亀山敬司のもとへプレゼンに向かった。


 恵比寿ガーデンプレイスタワーの高層階。ガラス張りの会長室を訪れた村中と緒方は、亀山にヨーロッパのクラブ買収のビジネスプランを提案した。


 ところが、亀山に「おまえたちがサッカー、好きなだけだろう」とけんもほろろに却下されてしまう。


 だが、緒方にとって、一度で通らないことは想定内だった。


「このときは、ちゃんとまとめて、あらためて持ってきます、という感じで話を終わらせました。こんな大きなプロジェクトがそう簡単に通るとは思っていませんでしたし、まずは亀山にサッカークラブ買収というキーワードを伝えることができた。ここからが勝負だと、改めて事業計画を練り直したんです」

飯尾篤史
飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント