シント=トロイデン買収の真相
第2回 買収交渉に潜むそれぞれの思惑

アプリ限定

ベルギー1部のシント=トロイデンVV(STVV)をDMM.comが買収した計画の始動から今夏まで、激動の3年半の舞台裏に迫った。

最初の交渉クラブとの読み合い

DMMの会長・亀山からのGOサインを受けた村中と緒方は、まず初めに身売りを考えているというクラブに接触した
DMMの会長・亀山からのGOサインを受けた村中と緒方は、まず初めに身売りを考えているというクラブに接触した【Getty Images】

「聞いていた話と全然違うじゃないか……」


 ベルギーのジュピラー・プロ・リーグ(1部リーグ)に属するあるクラブの会長を前に、山形伸之は失望を隠せなかった。


 DMM.com(DMM)の会長である亀山敬司からのGOサインを受けた村中悠介と緒方悠は2016年12月、財務担当者とともにベルギーに飛んだ。1部リーグのあるクラブが身売りを考えているという情報がエージェントによってもたらされたからだ。


 さっそく現地でそのクラブの会長と最初の会談を行い、好感触をつかんだ。


 そこで年が明けた17年2月10日、交渉を進めるためにサッカー面に詳しい山形と、通訳としてDMMのフランス人社員が現地に向かった。


 しかし、本格的な交渉に入ると、先方は「49%までしか売る気はない」という姿勢を崩さなかった。51%以上のマジョリティを取れないのであれば、経営権の取得にならない。話し合いは平行線をたどり、交渉相手が口にするのは「ブラジル人FWを獲りたいと思っているんだ」といった補強に関することばかりだった。


 彼らは、お金が欲しいだけなんじゃないか――。そんな疑念が山形の中で膨らんでいく。

「最初はうまいことを言って、売るような素振りを見せたけれど、実は、日本企業に資本参加させて、そのお金で強化をしたいんじゃないかな、と僕は感じたんです。51%以上の株式取得を前提にして交渉のテーブルにつくのでなければ意味がない。これでは時間の無駄だなと。その場では断らず、『ちょっと考えさせてください』と言って交渉を保留にして、DMMに『これでは意味がないと思います』と報告したんです」

飯尾篤史
飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント