IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブンデスリーガ特集2020-21
至高のストライカー、レヴァンドフスキ
そのキャリアと光り輝く実績に迫る

アプリ限定

ポーランドの村から生まれた異能

キャプション:ポーランドからドイツへ“襲来”した希代のストライカー
キャプション:ポーランドからドイツへ“襲来”した希代のストライカー【Getty Images】

 2020-21シーズンのドイツ・ブンデスリーガ第18節を終えた段階で17試合23ゴールをマークし、2位のアーリング・ハーランド(ボルシア・ドルトムント)に9ゴール差を付けて得点王争いトップに君臨するバイエルン・ミュンヘンの絶対的エースFWロベルト・レヴァンドフスキ。32歳にして今でも進化を続ける彼は、“常勝”バイエルンの屋台骨を支える希代の『ゴールハンター』である。

 レヴァンドフスキはポーランドの首都ワルシャワの出身。父親のクシシュトフはサッカーもプレーした中で柔道のジュニアヨーロッパチャンピオンにも輝いた人物で、母親のイヴォナはポーランドのトップリーグでプレーしたバレーボール選手と、両親ともにスポーツの世界で実績を成した。他に姉と妹を含めた5人家族の中で、レヴァンドフスキは8歳のときに地元のパルティザントゥフ・レシュノというクラブに入団して、サッカーキャリアをスタートさせている。


 参考のために彼が暮らしたレシュノという場所を調べてみると、そこはワルシャワから西に35キロほど先にある緑多き非常に小さな村で、彼が所属したアマチュアサッカークラブのパルティザントゥフ・レシュノのサッカーグラウンドには、地元の子どもたちが通う小学校も併設されていた。その後、レヴァンドフスキは首都にあるバルソビア・ワルシャワのユースチームへと移り、続いて同じくワルシャワのデルタ、そしてレギアというユースチームでプレーした後に当時3部リーグに所属していたズニチェ・プルシュクフという、これまたワルシャワ近郊にある田舎クラブでプロデビューを飾っている。ちなみにバルソビア・ワルシャワ時代のチームメートだったカミール・バクゼックという人物は、少年時代のレヴァンドフスキの印象をこう語っている。


「子供の頃は小さくてスリム。彼に何か大きなケガでも起きないかと常に心配しなければならなかった」


 また、ズニチェ・プルシュクフ時代にチームメートだったトマス・チャラスという人物も、レヴァンドフスキは今のような万能ストライカーではなかったと証言していて「今のバイエルンでの彼は、ズニチェで全く不得手にしていたFKも自ら志願して蹴っているよね(笑)」と語っている。


 ピッチ上のレヴァンドフスキは素直に喜怒哀楽を表すタイプだが、プライベートではあまり感情をあらわにしないという。3歳年上の姉であるミレーナは弟について、「16歳のときに父親が癌(がん)で亡くなったときのロベルトは自身の思いをあまり口にしなかったけど、その後はサッカーに一層打ち込んでいったように見えた。その後、努力した彼がプロになった姿を父親に見せられなかったのが残念」と語っている。ちなみにミレーナは父親の死去後にレシュノの実家から出てレヴァンドフスキとともに首都ワルシャワに移り住み、プロサッカー選手を目指す弟のことをサポートし続けたという。また母親のイヴォナは今も健在で、レヴァンドフスキとの関係性も良好に保ち、変わらずにレシュノで暮らしを営みながら折を見て息子のプレーを観戦に訪れているという。

島崎英純

1970年生まれ。東京都出身。2001年7月から06年7月までサッカー専門誌『週刊サッカーダイジェスト』編集部に勤務し、5年間、浦和レッズ担当記者を務めた。06年8月よりフリーライターとして活動。現在は浦和レッズ、日本代表を中心に取材活動を行っている。近著に『浦和再生』(講談社刊)。また、浦和OBの福田正博氏とともにウェブマガジン『浦研プラス』(http://www.targma.jp/urakenplus/)を配信。ほぼ毎日、浦和レッズ関連の情報やチーム分析、動画、選手コラムなどの原稿を更新中。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント