屈辱から始まったイチローのメジャー人生
実力で変えた米国の価値観

アプリ限定

連載:第4回

メジャー移籍当初は、屈辱的なこともたびたびあったというイチロー。実力を示すことで、今ではシアトル、そして米国で尊敬される選手となった
メジャー移籍当初は、屈辱的なこともたびたびあったというイチロー。実力を示すことで、今ではシアトル、そして米国で尊敬される選手となった【Getty Images】

 3月28日(現地時間、日本時間29日)午前――イチローが引退してからちょうど1週間後、マリナーズは米国での開幕戦を数時間後に迎えようとしていた。


 11時30分にクラブハウスが開く。かつてイチローのロッカーは入って正面にあり、そこには無造作にダンボールが積まれていたが、その場所でイチローがグローブを手入れしている姿、床に寝転がってストレッチをしている姿が、オーバーラップした。

ケン・グリフィーJr.との不思議な縁

 ふと、こんなシーンが蘇る。2009年のある日曜日の朝のこと。


 入り口付近にいると、ケン・グリフィーJr.がニヤニヤしながら近づいてきた。何かいたずらを仕掛けるときの顔である。


「ちょっと、見てろよ」


 そのときイチローはロッカーの椅子に座り、ヘッドホンをしていた。だからこそ気配に気づかなかったのだろうが、後ろからそっと近づいたグリフィーが、後ろから両脇をくすぐった。


「グフォ$*%$#@」


 奇襲されたイチローは声にならない声を上げながら、身体をよじった。再びニヤニヤしながら戻ってきたグリフィーはしてやったりの表情を浮かべている。イチローは後日、「だいたい、やることは決まってます。想像はつきますけどね」と苦笑。イジられるのは一度や二度ではなかったが、むしろ、そんな瞬間を楽しんでいるようだった。


「僕にそんなことするのは、あの人しかいないでしょうね。他の人間がやったら、ちょっと問題になりますから(笑)」


 さて、少し振り返るだけで、かくも2人はさまざまな形で交差したが、3月21日、イチローが8回裏に交代を告げられて戻ってきたとき、最後にハグをしたのがグリフィーというのも何かの縁か。そして、あの試合後も――。

丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米し、インディアナ州立大学スポーツマーケティング学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行っているほか、NHK BS−1で放送されている「ワールドスポーツMLB」にも出演している。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント