八村塁の後悔「こんなに大変だったとは」
それでも…バスケの神様は見ていた

アプリ限定

八村は「レッドシャツ」を望まず

ゴンザガ大1年目、NCAAトーナメント決勝まで進出したが、八村塁の出場は限られていた
ゴンザガ大1年目、NCAAトーナメント決勝まで進出したが、八村塁の出場は限られていた【Getty Images】

 アメリカには、カレッジアスリートのモチベーションを上げるために使われる言葉が2つあるという。


 1つは「レッドシャツにするぞ」。


 レッドシャツとは練習生のこと。学校の成績がNCAA(全米体育協会)の定める基準に達していなかったり、ヘッドコーチの判断で、試合でプレーするレベルに達していないと見なされれば、そんな処置が下る。

 その他にもさまざまなケースがあり、選手から求める場合もある。


 メリットがないわけではない。まずはじっくり大学の授業に適応する時間が与えられる。また、大学のレベルでプレーするための準備ができる。試合には出られなくても、先を見据えれば、プラスに働く可能性もある。


 が、本音では、誰だって試合には出たい。大学フットボールではルールが変わり、レッドシャツの選手でも年間4試合までは出られるようになったが、選手らは「レッドシャツにするぞ」と脅されれば、「このままじゃヤバい!」と気合いを入れ直す。


 八村塁も当初はレッドシャツで、という話があった。


 日本から来たばかりで、おそらく大学の授業には、ついていくだけで精いっぱい。まずは、勉強もバスケットボールも、ゆっくりとアジャストする時間を与えようと、大学側が考慮した。ただ、八村がそれを望まなかった。英語のレベルに関しては基準をクリア。試合に出たい一心だった。

勉強とバスケの両立に苦悩した1年目

2016年5月、八村は米国挑戦を発表。勉強とバスケの両立を決意した
2016年5月、八村は米国挑戦を発表。勉強とバスケの両立を決意した【写真:田村翔/アフロスポーツ】

 しかし彼は、そのことを後悔することになる……。


 3年生になって、NBAのドラフト候補として名前が取りざたされるようになると、ESPNなど、米主要メディアからも取材を受けるようになった。あるとき、ESPNの電子版に載った記事を読んでいると、八村がこうコメントしていた。


「こんなに大変だと分かっていたら、来なかった」


 本音? それともジョーク?

丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米し、インディアナ州立大学スポーツマーケティング学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行っているほか、NHK BS−1で放送されている「ワールドスポーツMLB」にも出演している。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント