RIZIN.14

2018/12/31 15:00~さいたまスーパーアリーナ(メイウェザーvs.那須川天心ほか)

ゲームスコア

大会名
第2試合

大尊伸光

KO

トフィック・ムサエフ

2R1分19秒 TKO

詳細

2R

ムサエフは伸びのあるパンチで大尊を襲い、そこからタックルを連係してテイクダウンを奪う。ハーフガードでこらえた大尊だが、ムサエフはあまりテイクバックできない距離でありながら強烈なパンチそして鉄槌を猛連打し、これでレフェリーに試合をストップさせた。

1R

大尊に対しムサエフは体の大きさを感じさせる。ローを繰り出し当てる大尊にムサエフは左右に構えを変えながら様子を見る。変わらずローを放っていく大尊だが、ムサエフはジリジリっと前に来てプレッシャーを掛ける。そして大尊がロープを背にするとピッチングを思わせる思い切りのよいパンチを振るってくる。

大尊も終盤、右クロスで打って出てヒット。さらに右ハイも繰り出すが、ムサエフこれを当てさせない。ムサエフはバックブローからストレートも大尊はこれをかわす。しかしその後のタックルにテイクダウンを喫し、最後はムサエフの鉄槌(てっつい)、ヒジに襲われて終える。

試合前

第1試合不成立によりオープニングマッチとなったこの試合。元修斗環太平洋王者で15年に放送された「Road to UFC JAPAN」においてそのキャラクターと「ソーリー ごめん」の名言(迷言)で人気を集めた大尊と、9戦連続パンチでのKO勝利を挙げているアゼルバイジャンの剛腕ムサエフの対戦。両者入場し、大尊はリング上でマッチョポーズを決める。

関連リンク