RIZIN.14

2018/12/31 15:00~さいたまスーパーアリーナ(メイウェザーvs.那須川天心ほか)

ゲームスコア

大会名
第8試合

長野美香

0判定3

山本美憂

サウスポー同士の対戦は山本が制す

詳細

山本美憂のマイク

「こんばんは、みなさん。今回こそKOを狙っていたんですけど、また3Rやってしまいました。次こそKOを狙いたいと思います。みなさん、これからもっともっといい試合が出てくるので、もっともっとエキサイティングになってください。ちょっと喪中なので新年おめでとうございますとか言えないんですけど、KIDから、ハッピーニューイヤー!」

3R

 長野はこれまでよりも積極的にパンチを放ち、右ジャブ、左ストレートと繰り出すが、山本にプレッシャーを掛けるには至らず、タックルに出るもやはり切られてしまう。ガブっていた山本は、長野が仰向けに変わるとボディにヒジとパンチを放つ。下からの仕掛けを狙う長野だが、山本も承知でそれを潰して技を掛けさせない。

 残り時間が少ない中でレフェリーはブレークして両者を立たせるが、どちらも大きな攻勢はなく終わる。

 判定は3-0で山本。これで3連勝となった

2R

 両者間合いを遠く取り、相手の出方を見る。長野はそこからタックルに出るが山本に切られ、頭部へのヒザ蹴りを浴びる。長野はガードポジションを取り、そこからの展開を狙う。山本に密着して強打を打たせない長野。三角絞めのロックでとらえ山本を掌底で叩いていくが、レフェリーはこう着と見て両者を立たせる。

 スタンドになると山本がジャブ・右フック・ストレートでリードする。組みついた山本が長野の足を払ってテイクダウンを奪い、2R終了となる。

1R

 両者ともにサウスポー。大きくリングを回る長野に対し、山本は左のパンチをストレート、クロス、フックと軌道を変えて繰り出す。そして山本が左ストレートを打ち込むと長野はタックルに出るが、山本はこれを受け止めグラウンドでパンチと鉄槌(てっつい)。カメの体勢となる長野の体を左腕で抱え、山本は右腕でパンチを続行。この左腕を抱え、巻き込みを狙う長野だが、ロープ際で体がぶつかってしまい上手くいかない。長野が立っていこうとする中で1Rが終わる。

試合前

 愛する弟KIDの死を乗り越えMMAファイターとして著しい成長を見せる山本と、女子総合格闘技JEWELSを旗揚げから引っ張ってきた長野が対戦する。

関連リンク