RIZIN.14

2018/12/31 15:00~さいたまスーパーアリーナ(メイウェザーvs.那須川天心ほか)

世紀の一戦 笑顔のメイウェザーが圧勝

ゲームスコア

フロイド・メイウェザー

KO

那須川天心

1R2分19秒 TKO

詳細

メイウェザーのインタビュー

ダウンする天心と笑顔を浮かべるメイウェザー(写真:©2015 RIZIN FF)

「とにかく言いたいことは、日本・東京は本当に素晴らしい。エンターテインメント性、楽しんでもらえる試合を意識しました。来てくれた人たちに感謝します。那須川天心選手に心から感謝を伝えたいと思います。もちろん自分もそうですが、彼も無敗の王で、今後もこれは続きます。とにかく素晴らしい格闘家であることを誇りに思って、今後も歩んでいってほしいと伝えました。世界のみんなが今後も彼を応援していってほしいです。RIZIN、ここにいるみんながナンバー1です」

1R

 左腕をけだるそうな、遊んでいるかのようにジャブ、アッパーと繰り出すメイウェザー。余裕の笑みも浮かべている。メイウェザーが打って出てきた右ストレートをかわし、那須川は逆に左ストレートを放ってヒットする。

 しかしメイウェザーはここから一気にギアを上げ、那須川のパンチに合わせたショートの左フックを打ち込みダウンを奪取。

 立ち上がった那須川は左右フックを強振するが、メイウェザーはガードを高く上げて向かい、那須川のパンチをガードで弾くと、ボ右ボディフックから右フックで2度目のダウンを奪う。

 那須川は立ち上がるもダメージを感じさせ、反撃の左右フックを振るうが、メイウェザーは再び那須川のパンチに合わせた左ショートフックでフィニッシュ。その強さをまざまざと見せつけた。

試合前

 50戦無敗、あらゆるスポーツ選手の中で最も稼ぐ伝説の男“MONEY”メイウェザーが初めて本国アメリカ以外の地で試合を行う。日本格闘技界の神童・那須川は奇跡を見せることができるか。

 気合い十分の表情で先に入場した那須川の後で、メイウェザーはマスクをしてフードをかぶり、多数の取り巻きを引き連れてリングに入る。国歌が歌われる間も、メイウェザーはキャップのUSAの字を指し示すなど余裕の表情。

見どころ

(写真:スポーツナビ/赤坂直人)

 格闘技イベント「RIZIN.14」が31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催される。メインカードはボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーと、キックボクシングの“神童”那須川天心が激突するスペシャルエキシビションマッチだ。

 試合は3分3ラウンド、キックなしのボクシングルール、契約体重はウェルター級の147ポンド(67.7キロ)と、どれもメイウェザー側に合わせて設定されている。これまで60キロ以下を主戦場としてきたキックボクサーの那須川には厳しい条件となる。試合当日の31日、メイウェザーは10オンスグローブ、那須川は8オンスを着用することが発表された。

 メイウェザーは史上初めて無敗で5階級制覇に上り詰めた伝説的ボクサー。その特徴は比類なきディフェンス力だ。圧倒的なスピードとL字ガードと呼ばれる独特の構えで、サウル・アルバレス、マニー・パッキャオといったボクシング史に名を残す名選手たちを葬り去ってきた。プロ戦績は50戦27KO無敗。判定勝利が多いことでも知られるが、直近の試合では当時UFC2階級同時制覇王者コナー・マクレガーを10回TKOで下している。

 対する那須川天心は、センスあふれる打撃とスピードから日本キックボクシング界の“神童”と呼ばれる。ボクシングルールのためキックは封じられているが、かねてよりボクシング転向が噂されるほどパンチにも自信がある。8月に20歳になったばかりの若武者が、41歳の伝説的王者にどのような戦いを見せるのか。日本だけでなく世界が注目する一戦のゴングが、平成最後の大晦日に鳴らされる。

関連リンク