RIZIN.14

2018/12/31 15:00~さいたまスーパーアリーナ(メイウェザーvs.那須川天心ほか)

ゲームスコア

大会名
第4試合

佐々木憂流迦

3判定0

マネル・ケイプ

グラウンドで攻勢の佐々木が判定勝ち

詳細

3R

 疲れからかやや動きが落ちた感のあるケイプはテイクダウンも警戒しているか、これまでのラウンドほど前に来ない。タックルに出る佐々木だが、これはケイプに切られる。

 佐々木はスタンドに戻り、左ミドルを飛ばしてタックルに出るタイミングを探る。片足低空タックルで入り、ケイプの鉄槌(てっつい)を浴びる佐々木だが、そこからケイプを寝かせてグラウンドへ。ケイプが立ち上がろうとすると、佐々木は顔面へのヒザ蹴りを飛ばす。終了のゴングが鳴ると、両者はお互いの健闘を称え合う。

 判定は3-0で佐々木。RIZIN初戦を飾った

2R

 ケイプはスーパーマンパンチからハイキックとトリッキーな攻めを発揮し、佐々木がタックルに来ても足を引いてテイクダウンを許さない。しかし佐々木はこのラウンド2度目のタックルでグラウンドへ持ち込むのに成功し、ケイプに片足を差し込みスリーパーを狙う。パンチを連打する佐々木だが、ケイプが体を回転させて佐々木と向き合う。そこからケイプが立ち上がるが、佐々木はタックルでロープに押し込み、再びケイプをグラウンドへ。

 佐々木はケイプの右腕をまたがって潰し、自由になっている左手でパンチを連打していく。そこからマウントポジションに変わり、ケイプが背を向けるとチョークスリーパー。極まったかに見えたがケイプは粘りを発揮しズラして極めさせない。

1R

 佐々木はレスリングシューズ着用でケイプに向かい、サウスポーから左ミドルを放っていく。ケイプに対し体格差を感じさせる佐々木はボディへのヒザも打ち込むが、サウスポーに変わったケイプのショートフックが決まり一瞬動きが止まる。そこからタックルに出た佐々木はケイプの両足を引いてテイクダウンするが、ケイプは止まっておらず立ち上がって寝技に移行させない。

 佐々木をロープに押し込むケイプ。そして体を離すが、距離ができると佐々木が左ミドルを当てていく。ケイプも右ストレートで反撃するが、佐々木は打点の高いヒザ蹴り、前蹴りとケイプに放ち、また低空タックルからテイクダウン。そしてうつぶせになったケイプに得意のスリーパーを狙うが、ここは下に落とされてゴングとなる。

試合前

 修斗を経てUFCでも得意のスリーパーで活躍した寝技天狗・佐々木憂流迦がRIZIN初参戦。昨年のバンタム級グランプリでも堀口恭司を相手に激闘を繰り広げたアンゴラの暴れん坊ケイプと対戦する。

関連リンク