RIZIN.14

2018/12/31 15:00~さいたまスーパーアリーナ(メイウェザーvs.那須川天心ほか)

ゲームスコア

大会名
第11試合

イリー・プロハースカ

KO

ブランドン・ホールジー

1R6分30秒 TKO

詳細

イリーのマイク

「いつも支えてくれるみなさん、どうもありがとう。サムライの国・日本で戦うことができてとても嬉しいです。武士道にインスピレーションをもらって戦いました。私はチェコから来ています。最高のパフォーマンスを見せたいと思って、見せることができました。とてもいい対戦相手でしたが、さらに挑戦を続けてヘビー級の頂上までたどり着きたいと思います。それは私の夢です。ミルコ・クロコップ選手、どなたでも構いません、タイトルを獲りたいと思います」

1R

 開始すぐにブランドンがタックルで飛び込み、イリーは背を向け足を引き抜き逃れんとしたが、ブランドンは巧みに絡みつき、イリーをグラウンドに持ち込み仰向けにさせる。そして鉄槌(てっつい)を入れ、ハーフガードからサイドポジションに。左眉付近から出血の見られるイリー。ブランドンはマウントポジションに変わり、右腕でフロントチョーク。苦悶の表情のイリーは何とか耐え、脱出して立ち上がる。イリーの蹴りをかわそうとしたブランドンだが足がロープに絡まってしまう。

 再開。ブランドンの前進を見越して真上に跳び上がるヒザ蹴りを放ったイリーだが、ブランドンはそのままキャッチ。イリーは首相撲あるいはレスリングのいなしでブランドンの体を横に振り、ブランドンはイリーの蹴りを警戒して体を逃がすがリング下に転落し、腰を打ってしまう。

 レフェリーはこれを場外逃避と見てブランドンにイエローカードを提示して再開。タックルで突っ込むブランドンだが、イリーはこれを見切ってかわす。しかしブランドンは右フックを当て、そのまま再びタックルでイリーをコーナーに押し込む。

 ここで逆にフロントチョークを仕掛けるイリーだが、ブランドンが腕を外し、イリーを四つん這いにさせスリーパー。危うしと思われたイリーだがこれから逃れると逆襲に転じ、下になったブランドンにパウンドを落とし、背を向けたとこにパンチを追加しフィニッシュ。逆転勝ちを果たした。

試合前

連勝街道を行き、RIZIN重量級の顔となっているイリー。元オールアメリカンのレスリングエリートにしてベラトールのミドル級王者でもあった初来日のブランドンと対戦する。

関連リンク