連載:あのJリーガーはいま

小林大悟「オファーがなければ引退」 米国で9年間プレーした元代表MFのいま

栗原正夫
アプリ限定

今夏に米国で移籍先が決まらなければ引退の意向だと話す小林 【栗原正夫】

「引退発表はしていないけど、日本でプレーするとかは考えていなくて……。アメリカの夏(の移籍期間)まで待って、それでもオファーがなければ引退しようかなと思っています。僕ももう来年40歳ですし、これから取ってくれるチームは普通に考えてないと思いますけどね(苦笑)」

 2022年5月、都内の待ち合わせ場所に姿を見せると、小林大悟(39歳)はそう切り出した。

 03年にワールドユース(現U-20W杯)に出場し、06年にはオシムジャパンで代表キャップを刻んだ小林のキャリアは少し特殊だ。東京ヴェルディ、大宮アルディージャを経て、09年1月にノルウェーのスタバエクへ移籍すると、ギリシャのイラクリスと欧州の2クラブでプレー。その後11年に清水エスパルスに加入しJリーグ復帰を果たしたが、13年に今度はMLS(メジャーリーグサッカー)のバンクーバー・ホワイトキャップスへ移籍するなど昨季まで約9年間、アメリカとカナダのチームを渡り歩いてきた。

 19年以降はMLSに次ぐ2部相当のUSLチャンピオンシップ(以下USL)のバーミンガム・レギオンFC(アラバマ州)に所属していたが、昨季限りで契約が切れ現在はフリーとなっている。

バーミンガムに残りたかったが……

主にボランチとしてMLSで128試合、USLで75試合にプレーしてきた 【本人提供】

「できればバーミンガムに残りたかったし、そういう方向で話は進んでいました。去年の11月にシーズンが終わって、本来であれば2月からチームに合流する感じでした。ただ、クラブもいろいろあったんですかね。1月末くらいに急に契約更新できないと言われ、そこから新しいクラブを探すのも難しくて。最終的な理由はわかりません。クラブの社長はボストン時代(4年間プレーしたニューイングランド・レボリューション)の監督で『できる限り現役を続けろよ』という話もしてくれていて、自分もあと1、2年はプレーしたいと思っていたんですけどね」

 小林自身、今季もバーミンガムでプレーする気でいたが、シーズン開幕前に突如、プレーする場所を失ったということである。だが、そんな状況に心のどこかでホッとしているともこぼす。アメリカには単身で渡っていた。今夏、5歳になる息子さんと一緒に暮らせると思えば、安堵感があるのも偽らざる思いだという。

 日本でプレーする可能性についてはどう考えているのだろうか。いまや選手寿命が延びたことに加え、Jクラブやそこを目指すクラブの増加の影響もあって、元代表選手が下部リーグを含めた様々なカテゴリーでプレーするのも珍しくない時代である。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

栗原正夫

1974年生まれ。大学卒業後、映像、ITメディアでスポーツにかかわり、フリーランスに。サッカーほか、国内外問わずスポーツ関連のインタビューやレポート記事を週刊誌、スポーツ誌、WEBなどに寄稿。サッカーW杯は98年から、欧州選手権は2000年から、夏季五輪は04年から、すべて現地観戦、取材。これまでに約60カ国を取材で訪問している

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント