0-1に終わったブラジル戦は「惜敗」? あらためて浮き彫りになった日本の課題

宇都宮徹壱

改修後の国立競技場での最初の国際Aマッチに登場したのはブラジル。もちろんネイマールもスタメン出場 【宇都宮徹壱】

FIFAランキング1位のブラジルとの対戦をどう見るか?

「明日は非常に重要な試合だと理解している。なぜなら2018年のワールドカップ(W杯)で日本がベルギーに勝利していたら、われわれブラジルとベスト8で対戦することになっていたからだ。つまり日本とブラジルは、W杯に対戦するにふさわしいチーム同士であると言えるだろう」

 6月6日に東京・国立競技場において開催される、日本代表vsブラジル代表の親善試合。ブラジル代表のチッチ監督は、前日会見で試合の重要性をこのように表現している。日本とブラジルとの対戦は17年以来5年ぶり。国立での代表戦は14年以来8年ぶり(改修後はもちろん初)。そして、国立でのブラジル戦は1999年以来23年ぶり。こうした希少性もあり、チケットはおよそ1時間で売り切れとなった。

※リンク先は外部サイトの場合があります

 FIFA(国際サッカー連盟)ランキング1位のブラジルとの対戦は、同23位の日本にとって、世界における自分たちの立ち位置を確認する重要な一戦。そしてサッカーファンにとっても、久々に高揚感を覚えるカードである。けれども本大会から逆算して考えた場合、ブラジルが最も理想的な相手だったかといえば、必ずしもそうではない。ドイツやスペインと対戦することを考えれば、できることならヨーロッパの強豪と対戦したかったはずだ。

 しかし周知のとおり、18年から始まったUEFA(欧州サッカー連盟)ネーションズリーグの影響により、今ではブラジルでさえもヨーロッパ勢と手合わせするのが困難な状況となっている。森保一監督体制になって以降、日本の国際Aマッチは先のパラグアイ戦を含めて49試合。その内訳は、アジアが30、南米が10、北中米カリブが6、アフリカが2、そしてヨーロッパが1。唯一の対戦は、昨年6月のセルビア戦のみである。

 前回大会までは、本大会に向けての「仮想●●」的な強化試合が比較的容易だった。ところが、ヨーロッパがクローズドな状態になってしまったことで、マッチメイクの選択肢は恐ろしく狭まってしまった。かくして、カタールでは南米勢と対戦しない日本と、同じくアジア勢と対戦しないブラジルとが、残り少ないAマッチを使って対戦することとなったのである。

守備陣が健闘するもネイマールのPKで敗戦

右サイドでスタメン出場した長友(右)はビニシウスとしばしばマッチアップした 【Photo by Masashi Hara/Getty Images】

 この日の日本代表のスターティングイレブンは以下のとおり。GK権田修一。DFは右から長友佑都、板倉滉、吉田麻也、中山雄太。中盤はアンカーに遠藤航、インサイドに原口元気と田中碧、右に伊東純也、左に南野拓実。そして1トップは古橋亨梧という布陣である。先のパラグアイ戦からスタメンが8人入れ替わったが、それ以上に注目されるのが、普段は左サイドバックで起用されていた長友が右に回ったことである。

 一方のブラジルは、4日前の韓国戦でほぼフルメンバーを出してきたが、ダニ・アウベス、カゼミーロ、ネイマールら6人は連続出場。注目のビニシウスもスターティングリストに名を連ねた。試合前、セレソンのメンバーがピッチに姿を現すと、日本代表以上にスタンドから歓声が沸く。この日の客層がよく理解できるシーンであった。

 開始早々、いきなりポストを直撃されるピンチはあったが、序盤の日本はまったく物怖じせずにブラジルと向き合っていた。試合の主導権を握ったのは、もちろんブラジル。ネイマールの異次元的な技術、ビニシウスの突破力、そしてラフィーニャのセットプレー。何度となくヒヤリとさせられるシーンを作られたが、果敢なプレッシングと最終ラインの的確なブロック、そして権田のビッグセーブで前半を0-0で終えた。

 ハーフタイム、日本は原口に代えて鎌田大地をピッチに送り出す。しかし、ブラジル優位という状況に変わりはない。そんな中、攻守にわたって際立った働きを見せていたのが、15年以来の右サイド起用となる長友だった。対面するビニシウスを好きにさせず、縦ラインでの伊東との連動から、たびたび逆襲を試みている(ビニシウスはシュートゼロのまま、後半18分でベンチに退いた)。

 これまでのブラジルとの対戦成績は、12戦して日本の0勝2分け10敗。攻撃力では明らかに見劣りするものの、さりとてブラジル相手に何とか守備は維持できている。05年のコンフェデレーションズカップ(2-2)以来のドローも、もしかしたらあり得るのではないか――。そんな淡い夢を抱いた刹那、日本はPKを献上してネイマールにやすやすと決められてしまう。後半32分のことであった。

 この間、日本ベンチは前田大然、堂安律、三笘薫といった攻撃の切り札を相次いで投入。とりわけ三笘とエデル・ミルトンとのマッチアップは、非常に見応えがあるものとなったが、日本はネットを揺らすどころか枠内シュートさえ容易ではない。そのままブラジルが逃げ切る形で、日本の敗戦が決まった。

1/2ページ

著者プロフィール

宇都宮徹壱

1966年生まれ。東京出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了後、TV制作会社勤務を経て、97年にベオグラードで「写真家宣言」。以後、国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。旅先でのフットボールと酒をこよなく愛する。著書に『ディナモ・フットボール』(みすず書房)、『股旅フットボール』(東邦出版)など。『フットボールの犬 欧羅巴1999−2009』(同)は第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。近著に『蹴日本紀行 47都道府県フットボールのある風景』(エクスナレッジ)

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント