卓球日本初の金メダリスト水谷隼 メディアに出演する理由と指導者を目指さない訳

照井雄太

五輪でメダルを取るか取らないかの差は大きいと語る 【写真:ロイター/アフロ】

 東京五輪では伊藤美誠とペアを組んだ混合ダブルスで、日本卓球界にとって悲願だった金メダルを獲得。また、男子団体でも、3位決定戦の韓国戦でダブルスとシングルスで勝利し、銅メダルを獲得した水谷隼。

 五輪後は多くのメディア出演をしながら、ノジマTリーグに数試合出場するも、昨年10月24日の地元・静岡での凱旋(がいせん)試合に出場し引退を宣言。現在の活動、今後の活動について水谷隼に聞いた。


――東京五輪後、多数のメディアに出演されていますが、卓球は完全に引退ですか。

 完全に引退ですね。完全に引退なんですけど、小さい大会とかは出るかもしれないです。全日本選手権やTリーグに出る予定はないですが、例えば東京選手権とかであれば、将来的に出るかもしれないですね。

――それはぜひ、出てもらいたいです!

 卓球をやりたい気持ちはあるんですが、「引退撤回」とか書かれるのがめんどくさいんです(笑)。自分の中での選手というのは、「日本代表で世界一を目指す」ということなので、そこを目指すのはもうあり得ないと思います。世界を目指して戦うことはないですが、卓球は好きなので今後もやる可能性はあります。

――水谷さんがプレーしている姿を見たい!というファンは多いのでやってもらいたいです。

東京五輪でメダルを獲れなかったら現役続行だったかもしれない

――今後のセカンドキャリアについてお聞かせください。これまで日本のトップ選手はどのようなセカンドキャリアを歩んでいましたか?

 若い頃のイメージだと、いい大学に入って、そこそこ卓球をやって、実業団でプレーし、そのままその企業に残り仕事をするイメージが強かったですね。特に男子はほとんどがそういう流れだと思います。

――水谷さんは現役時代からセカンドキャリアについて考えていましたか。

 セカンドキャリアは考えてはいたのですが、実際に自分が引退して、今このような活動(メディア出演)をしていて、思っていたのとは少し違うのかなと思っています。

――どのように思っていたのが、実際はどうなのでしょうか。

 五輪でメダルを取るか取らないかによって、人生がガラッと変わるのは分かっていたので、取った時と取らなかった時、両方を考えていました。取らなかった時は、もしかしたら現役を続けていた可能性はあります。

――それは初耳で驚きました。引退を決意したのは、金メダルを獲得して達成感を得たからでしょうか。

 そうですね、やはり目標を達成した、夢を達成したという達成感と、燃え尽きた感じはあります。結果を残したことによって、自分のモチベーションがなくなったというのはあります。

――もし、東京五輪でメダルを獲得出来ていなかったら、次のパリ五輪を目指す可能性もあったということですか。

 可能性はあったと思います。負けて終わるのはすごく悔しいですし、引退を決めるきっかけになったのは、目が見えにくくなってきたのが原因です。でも、最近になって目の病名が分かってきて、これからしっかりと治療すれば、もしかしたら目が良くなる可能性があるという期待もありました。もう一度、パリへ向けて頑張ろうという気持ちになったと思いますね。

1/3ページ

著者プロフィール

照井雄太

1986年神奈川県生まれ。滝川第二高校、筑波大学で卓球に打ち込む。卒業後は、一般企業就職後、卓球の仕事がしたいと思い、2018年10月開幕直前から卓球の「Tリーグ」に転職。Tリーグでは試合運営の他、メルマガのコラム担当し、また不定期でスポーツメディアの卓球コラムを執筆している。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント