IDでもっと便利に新規取得

ログイン

慶応・正木智也のパワーをスカウトが絶賛
粒ぞろいの「大学生野手」で注目選手は?

アプリ限定

大学球界No.1スラッガーの呼び声が高い正木智也。チームを第一に考えるプレースタイルも高く評価されている
大学球界No.1スラッガーの呼び声が高い正木智也。チームを第一に考えるプレースタイルも高く評価されている【写真は共同】

 2021年ドラフト会議が迫ってきた。昨年のドラフトを振り返ると、稀(まれ)に見る「新人の当たり年」と言われるように、即戦力と評された選手の活躍が目立つ結果となった。その流れに乗じて今年も即戦力に人気が集まるのか、それとも、前評判の高いダイヤの原石に指名が競合するのか。ドラフト候補選手が出そろったところで、苑田聡彦スカウト統括部長(広島東洋カープ)と米村明アマスカウトチーフ(中日ドラゴンズ)に直撃。“敏腕”で鳴らす二人のスカウトに、上位指名が予想される有望選手の評価を明かしてもらった。


 第4回は、「大学生野手」編。1位指名が有力視される正木智也(慶応義塾大)を筆頭に、ブライト健太(上武大)、鵜飼航丞(駒澤大)と大学球界を代表するスラッガーが後に続く。さらに、好捕手、韋駄天(いだてん)、守備のスペシャリストと群雄が割拠する大学生野手。そんな逸材たちを、敏腕スカウトはどう見ているのか。

正木智也(慶応義塾大/182cm、90kg、右右)

苑田スカウト「飛ばす力と仕留める力を持っているホームランバッター」


 インからアウトのスイングで、フォローは大きいですし、バットに乗せて押しつけて打つのでボールが遠くまで飛びます。パワーヒッターの基本のバッティングをしています。この打ち方なら詰まってもホームランになりますよ。インコースに投げられても絶対に逃げないところがまた良く、こういう選手はもっと打てるようになります。慶応大では外野とファーストをやっていましたが、スローイングもいいので、サードをやらせてみてもできるんじゃないかと思います。私個人としては一番惚れている選手ですが、最初から(1位入札で)いかないと獲得できない選手でしょう。


米村スカウト「チームを強くするプレーヤー」


 うちの郡司裕也が同じ慶応大卒で、正木選手について「飛ばす力がすごい」と言っていましたが、魅力はやはりそこ。今春のリーグ戦で4ホームラン、全日本大学野球選手権でも2ホームラン。特に、インコースの難しい球を打っていること、また、大事なところで打っていることも評価できます。もう一つ、慶応大野球部という洗練された教育のもと野球をやっていることも大きなポイントです。ただ野球がうまければいいということではなく、チームのために何をやればいいのかを考え、個人プレーではなくチームの一員として動ける点も大きい。こういう選手が多くいればチームは強くなっていける。いい選手だと思います。

瀬川ふみ子

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント