ドラフト前に直撃!敏腕スカウトが明かす選手評価

小園、森木、風間…豊作の「高校生投手」 敏腕スカウトからお墨付きの逸材とは?

瀬川ふみ子
アプリ限定

今夏の予選では智弁和歌山に惜しくも敗れ甲子園出場ならずも…優勝校と対等に戦ったことも評価されるポイントになった 【写真は共同】

 2021年ドラフト会議が迫ってきた。昨年のドラフトを振り返ると、稀に見る「新人の当たり年」と言われるように、即戦力と評された選手の活躍が目立つ結果となった。その流れに乗じて今年も即戦力に人気が集まるのか、それとも、前評判の高いダイヤの原石に指名が競合するのか。ドラフト候補選手が出そろったところで、苑田聡彦スカウト統括部長(広島東洋カープ)と米村明アマスカウトチーフ(中日ドラゴンズ)に直撃。“敏腕”で鳴らす二人のスカウトに、上位指名が予想される有望選手の評価を明かしてもらった。

 第1回は、「高校生投手」編。1位入札の競合が濃厚な小園健太(市和歌山高)と森木大智(高知高)を皮切りに好素材が顔をそろえる。コロナ禍で見る機会が少なく、見極めが難しい状況ではあったが、苑田、米村両スカウトが有望な高校生投手を挙げてくれた。

小園健太(市和歌山高/184cm、89kg、右右)

苑田スカウト「黒田博樹を彷彿とさせる」

 今年のセンバツのときも良かったですが、その後、さらに球が良くなっています。腕の振りがスムーズで、柔らかさがあり、球のキレも、球持ちもいい。ピッチャーらしい体型で、バランスもいい。平均して147〜148キロですが、打席に立ったらもっと速く見えるんじゃないかな。うちにいた黒田博樹を彷彿とさせる楽しみなピッチャーです。プロ2年目の奥川恭伸投手(東京ヤクルト)や佐々木朗希投手(千葉ロッテ)と同じように、プロ入りして最初はファームで間隔を空けてうまく使っていけば、早い段階で、上(一軍)で投げられるようになりますね。

米村スカウト「完成度が高く、先発ローテ入りが期待できる」

 順調に自分の力を出しているのが小園投手と森木投手。この二人は競合もあるでしょうね。まず小園投手ですが、球のキレ、制球力があって、変化球もスライダー、カット、フォークと多彩でテクニックもあります。森木投手はパワーピッチャーですが、小園投手はアウトローにもインコースにもきっちり投げ分けられるので、完成度で言えば森木投手よりも高いです。智弁和歌山高に最後(今夏の和歌山大会)だけ負けましたが、全国制覇チームと対等に戦ったことも高く評価したいですね。奥川恭伸投手の高校時代と比較しても、双璧の力がありますし、完投能力もあるので、プロでも先発ローテーションに入って活躍できるでしょう。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント