IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラ・リーガ39クラブ、ESL騒動に共同声明
フットボールに最も大切なものとは?

テバス会長「なぜ秘密裏に事を進めた?」

歯に衣着せぬ物言いで有名なテバス会長は、ESL構想について嫌悪感をあらわにしていた
歯に衣着せぬ物言いで有名なテバス会長は、ESL構想について嫌悪感をあらわにしていた【写真提供:La Liga】

 欧州サッカー界にとどまらず、大きな社会問題として世界中に激震が走らせたのが4月18日深夜に突如降って湧いた欧州スーパーリーグ(以下、ESL)構想だ。


 プレミアリーグの6クラブ(リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、トッテナム)、ラ・リーガの3クラブ(レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリー)、セリエAの3クラブ(ユベントス、ミラン、インテル)の合計12クラブが次々にESLへの参加表明を公式発表したことで、欧州で長年噂(うわさ)の域にとどまっていた構想がとうとう現実のものとなった。しかし、欧州での社会的、政治的猛反発を受ける格好でプレミア勢6クラブが20日深夜に次々と撤退を表明。これによって実質的にわずか48時間でESL構想は頓挫した。


 今回のESL騒動に対し、ラ・リーガは22日参加表明をした前述の3クラブを除く1部、2部の39クラブの会長を集めた会談を開いた。その後、39クラブの署名で共同声明を出し、会談終了後には世界中のメディアを招待して記者会見を開いた。その会見にはラ・リーガのハビエル・テバス会長を筆頭に、セビージャ、ベティス、バレンシア、レバンテ、ビジャレアルの5クラブの会長も出席。世界中から集まった250名以上のジャーナリストからの質問を受ける形で1時間以上に及ぶ会見を行った。


 本稿では、その会見で出たラ・リーガ会長陣の見解や質疑応答でのやり取りをいくつか紹介しながら、すでに過去のものとなったESL騒動をラ・リーガ視点で振り返る。

 会見の冒頭、ラ・リーガのテバス会長は今回の騒動を次のように振り返った。


「われわれはこの25年ほど、常にUEFAから独立したリーグの脅威にさらされてきた。これがついに現実のものとなって、48時間というスピードで過ぎ去っていった。 すべてが終わったとは言わないが、大部分は終わった。これが私の今の分析だ。それから、今回の騒動ではファンや政治家などからの反応が非常に大きく、例えばイングランドでは当面今回のようなことは起きない。ポジティブな点としては、長い期間をかけての構想が一瞬にして立ち消えとなったことだ」


 歯に衣着せぬ物言いで有名なテバス会長は、今回のESL騒動の中心となったレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長の「フットボールを救うため」というESL設立の意義に対してもはっきりこう反論した。


「少なくとも実力主義の概念全体に影響を与える現実だ。彼は『この構想が財政破綻を救う』『国内リーグに害を及ぼさない』と言っていたが、欧州ではこの50年、欧州の大会に出場するために国内リーグの38節を戦う方法が採用されてきた。それが国内リーグを戦うこともなく参加できるリーグとはどういうことなのか? プロジェクトを主導してきたレアル・マドリーの会長は、『これはサッカーの未来のために良いことだ』と語っていたが、それが事実であればなぜ秘密裏に事を進めてきたのか? 本当に良いことをしているのであれば、表で堂々とやればよかったのだ」

会見参加のクラブからも反対の声

 テバス会長の冒頭の挨拶後、会見に参加した5クラブの会長からもESLに反対の声が続いた。


ホセ・カストロ会長(セビージャ)

「サッカーはみなのものであり、ファンのためのもの。私たちは、自分たちの街の名前を冠し、その街を代表していることを誇りに思っている。私たちはピッチ上での成功を信じていて、すべてのクラブはスポーツでマイルストーンを獲得する権利を持っている。現在のシステムでもそれは可能」


アンヘル・アロ会長(ベティス)

「私たちはスポーツ的なメリットに基づかない方法、参加クラブの選び方、フォーマットに同意しない。また、主役であるファンを無視したやり方だ。これでは、ファンやクラブの夢、つまり最高の大会に出場できるという希望が壊されてしまう。未曽有の危機にあるわれわれは今、トップの収入を増やすことではなく、コストをコントロールすることを考えるべき。サッカー界のインフレは、トップクラブの過剰なサラリーから来ている」


フェルナンド・ロッチ会長(ビジャレアル)

「成功はスポーツレベルで獲得すべきもので、その可能性を妨げるものがあってはならない。だからこそ、私たちはこのプロジェクトを完全に拒否する。今、私たちの現実はCOVID-19に大きく影響されている。パンデミック下では収入が無限に増えることはないということを私たちに思い出させてくれた。私はタイルの商売をしていて価格は際限なく上げていきたい。でも、市場に応じたコストと価格の調整が必要。サッカーも同じ。収入には限りがある。今クラブがやるべきはコストカット」

小澤一郎
小澤一郎

1977年、京都府生まれ。サッカージャーナリスト。早稲田大学教育学部卒業後、社会 人経験を経て渡西。バレンシアで5年間活動し、2010年に帰国。日本とスペインで育 成年代の指導経験を持ち、指導者目線の戦術・育成論やインタビューを得意とする。 多数の専門媒体に寄稿する傍ら、欧州サッカーの試合解説もこなす。著書に『サッカ ーで日本一、勉強で東大現役合格 國學院久我山サッカー部の挑戦』(洋泉社)、『サ ッカー日本代表の育て方』(朝日新聞出版)、『サッカー選手の正しい売り方』(カ ンゼン)、『スペインサッカーの神髄』(ガイドワークス)、訳書に『ネイマール 若 き英雄』(実業之日本社)、『SHOW ME THE MONEY! ビジネスを勝利に導くFCバルセロ ナのマーケティング実践講座』(ソル・メディア)、構成書に『サッカー 新しい守備 の教科書』(カンゼン)など。株式会社アレナトーレ所属。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント