IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブンデスリーガ特集2020-21
シュトゥットガルトで光り輝く日本の柱
威風堂々、遠藤航がたどり着いた境地

アプリ限定

以前とは別人の姿

どんな相手にも一歩も引かない遠藤のプレーには威厳が漂う
どんな相手にも一歩も引かない遠藤のプレーには威厳が漂う【Getty Images】

 相手に体をぶつけられても軸がぶれない。背筋を伸ばし、広角な視野を保って周囲を確認している。コンパクトに右足を振ると、糸を引くように前方へ飛んだボールが味方選手の足元へ付く。瞬時の出来事に味方は一瞬とまどうしぐさを見せたが、流れのままに相手ゴールへと体勢を移すと、自然とチャンスシーンが生まれていた。


 すでに初冬の寒さが感じられた9月26日、ドイツ・マインツのオペル・アレーナで、ドイツ・ブンデスリーガ1部のVfBシュトゥットガルトに所属する彼のプレーを見た。そのしぐさ、挙動、たたずまいに心底驚いた。これまで観てきた彼とは別人に感じられたからだ。

 遠藤航のプレーはJリーグの湘南ベルマーレや浦和レッズに所属しているときから取材を通して観てきた。ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデンVVへ移籍して初出場初ゴールをマークした、2018年8月5日のKRCヘンクとのダービーマッチも、運良く現地で目撃した。もともと彼のキック能力は優れていて、対人能力も日本人選手の中では屈指だったから、ヨーロッパの舞台で着実にステップアップする立身出世の過程を意外とは思わなかった。昨季、初めてのドイツでの挑戦で2部のシーズンベストイレブンに選出されたときは彼の力が正当に証明されたと思ったし、所属チームの置かれた立場や自身の経験面を踏まえれば厳しい局面に立たされると思われた今季1部での戦いでも、ひと筋の希望を見いだせると思っていた。


 多少の有事では動揺しない精神力も、遠藤のパーソナル能力の高さを示す一端だと感じていた。思い起こすのは浦和時代のPK戦だ。当時、浦和の指揮を執っていたミハイロ・ペトロヴィッチ(現・北海道コンサドーレ札幌監督)は、2016シーズンのAFCアジアチャンピオンズリーグ・ラウンド16のFCソウル戦、そして同年のYBCルヴァンカップ決勝・ガンバ大阪戦でのPK戦で、いずれも遠藤をキッカーのひとりに任命している。G大阪戦では最終キッカーの5番手にも抜てきされ、究極の土壇場で平静を保ったままPKを決めていた姿が目に焼き付いている。

確信していた未来

出場機会を得られなかった時期も、自信を客観的に評価できていた遠藤
出場機会を得られなかった時期も、自信を客観的に評価できていた遠藤【Getty Images】

 胆力を備える遠藤は、シュトゥットガルト加入後からしばらく出場機会を得られなかった時期も達観していた。クラブハウス脇にあるカフェでコーヒーを飲みながら、彼はこんなことを言っていた。


「絶対に、どこかでチャンスがあると思うんですよね。そのタイミングを見極められるか否かで今後の道筋が決まる。そのタイミングを見抜くのも選手の能力のひとつだと思うんです。もし、それを逃したら、シント(シントトロイデン)に戻るしかない(注:当時の遠藤はシントトロイデンからのレンタル移籍の身だった)。ドイツからベルギーへ戻るとなれば、日本へ帰る選択肢も生まれるかもしれませんね。もし、そうなっても、それは自分の実力不足だから仕方がない。いや、でも、長男がシュトゥットガルトの少年団に入団したから、俺のせいでここを離れることになると嫌かな。やっぱりダメですね、ここから去るのは。子どものために頑張ります(笑)」

島崎英純

1970年生まれ。東京都出身。2001年7月から06年7月までサッカー専門誌『週刊サッカーダイジェスト』編集部に勤務し、5年間、浦和レッズ担当記者を務めた。06年8月よりフリーライターとして活動。現在は浦和レッズ、日本代表を中心に取材活動を行っている。近著に『浦和再生』(講談社刊)。また、浦和OBの福田正博氏とともにウェブマガジン『浦研プラス』(http://www.targma.jp/urakenplus/)を配信。ほぼ毎日、浦和レッズ関連の情報やチーム分析、動画、選手コラムなどの原稿を更新中。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント