シント=トロイデン買収の真相
第9回 日本国内における重要なミッション

アプリ限定

ベルギー1部のシント=トロイデンVV(STVV)をDMM.comが買収した計画の始動から今夏まで、激動の3年半の舞台裏に迫った。

繰り広げられる他クラブとの“空中戦”

STVVはプレーオフ1進出に向けて邁進していたが……
STVVはプレーオフ1進出に向けて邁進していたが……【(C)STVV】

 2019年2月、STVVは依然としてプレーオフ1出場圏内の5位をキープしていた。


 2月10日に行われた25節のワースラント=ベフェレン戦では、1月18日にSTVVに加入したばかりの長身ストライカー、木下康介が途中出場でデビューを果たし、決勝ゴールを決めてみせる。


 この頃、鎌田大地のゴールラッシュには陰りが見えたものの、パートナーを務めるヨアン・ボリが2月25日、27節のシャルルロワSC戦でハットトリックを決めるなど、チームはプレーオフ1進出に向けて邁進していた。


 だが、そんな時期に思わぬ方向から横槍が入る。


 リーグから「プレーオフ1では人工芝のスタジアムは使用できないという条項を検討する」という発表がなされたのだ。


 ベルギーリーグの会長は、「ビッグ5」と呼ばれるアンデルレヒト、KRCへンク、KAAヘント、スタンダール・リエージュ、クラブ・ブルージュの会長が持ち回りで務めている。6席ある議席もその5クラブが5席持っており、すべての決定が「ビッグ5」に有利に働くような仕組みになっている。


 STVVのホームスタジアムであるスタイエンのピッチは人工芝。STVVの存在が「ビッグ5」にとっての驚異となり、嫌がらせを仕掛けてきた、ということだろう。


「シーズン中も人工芝のピッチに対して、われわれはずっと文句を言われてきました」

飯尾篤史
飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント