IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シント=トロイデン買収の真相
第5回 立石CEOが信頼を置く仲間たち

ベルギー1部のシント=トロイデンVV(STVV)をDMM.comが買収した計画の始動から今夏まで、激動の3年半の舞台裏に迫った。

転換期を支える地元スタッフたち

STVVの熱狂的なサポーターだったスファン。立石が信頼を置くスタッフの1人だ
STVVの熱狂的なサポーターだったスファン。立石が信頼を置くスタッフの1人だ【飯尾篤史】

 立石敬之がSTVVの新CEO(最高経営責任者)に就いた翌日の2018年1月31日、ヨーロッパの冬の移籍マーケットが閉じられた。


 そこで立石と強化担当のアンドレ・ピントは、7月に開幕する翌18-19シーズンに照準を合わせ、全コーチングスタッフや選手の評価、契約年数の確認に着手した。


 その一方で、全社員、役員と個人面談を進めながら、クラブの内情を把握し、日本式のビジネススタイルを少しずつ導入していく。例えば、営業部や広報部といった日本的な部署制を導入するといったように。


 そうしたなかで、立石は信頼のおけるスタッフに出会った。


 1人は、チケッティング・運営担当のスファン・メンテンである。もともとSTVVの熱狂的なサポーターだったスファンは、STVVのサッカースクールに所属していたこともある。


「初めてSTVVの試合を観戦したのは、6歳か7歳の頃だった。父に連れられてやってきたんだ。その後、友だち同士でも通うようになった。当時、STVVのファンが選手たちに求めていたのは、激しくボールを奪いにいくこと。STVVのスローガンである『VOETBAL,VOLK&VUUR(オランダ語でサッカー、情熱、人)』を体現するようなサッカーを求めていたんだ。僕のスクールのコーチだったアドリン・クーナンは、まさにそうしたタイプのボランチだったね」

元サポーターのハードワーカー・スファン

 大人になったスファンは、コンサートやイベントを運営するアントワープの会社に就職し、その後、現在のシント=トロイデン市長のもとで働くようになる。そして14年、幸運にも大好きなクラブであるSTVVに転職する機会を得たのだ。


 愛するクラブが日本の企業に買収されたことについてスファンは、ショックを覚えたわけではない。むしろ、大きなチャンスだと捉えた。


「日本人は賢いし、IT分野にも強い。これはクラブにとって良いことだと思ったよ。それに“Mr.T”(立石の愛称)は元サッカー選手で、イタリアでのコーチ経験もあると聞いていたし、心配はしていなかった。ただ、“Mr.T”はオランダ語が話せないので、コミュニケーションの部分は、ちょっと心配だったかな」


 不安があるとすれば、ピッチ内だった。ヨーロッパにおいて、日本人選手が活躍した実績は、まだまだ多くないからだ。


「正直に言うと、日本人選手と言えば、中田英寿と中村俊輔しか知らなかった。だから、日本人選手を獲得したからといって、活躍できるかどうかは懐疑的だったんだ」


 入社時からチケッティングを担当するスファンの仕事のスタイルは、まさにハードワーカー。朝から晩まで働くスファンの姿は、立石の目には日本人のように映った。


 熱狂的なサポーターだったため、ファン・サポーターの心理も熟知するスファンに対し、立石はさまざまなことを相談するようになっていく。

飯尾篤史
飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント