sportsnavi

“イチロー襲撃計画”が報じられた背景
嫉妬、孤立、渦巻く不穏な空気

アプリ限定

連載:第7回

チームの低迷、仲間の嫉妬……イチローにとって2008年は試練のシーズンとなった
チームの低迷、仲間の嫉妬……イチローにとって2008年は試練のシーズンとなった【Getty Images】

 2003年のシーズンが終わると、イチローは3年連続200安打のプレッシャー、また、チームが4月半ばに首位に立ち、8月終わりに陥落してからも、ギリギリのところでプレーオフ出場を争った9月の戦いを振り返って、こう胸の内を晒した。


「プレッシャーや怒りによって、吐き気がしたり、息が苦しくなったりするというのは、今までになかったことですから、自分でも驚いたんですよ。それは今までの僕にはインプットされていないことでした」

チーム崩壊、負の連鎖は断ち切れず

 ただその後、イチローはそのときとは全く異質の息苦しさを味わうことになる。


  2008年6月4日(現地時間、日本時間5日)の夜だった。


 マリナーズは4連敗を喫し、21勝39敗となった。直近の15試合で12敗。35試合で26敗。試合後、クラブハウスに併設された会見場に現れたジョン・マクラーレン監督は、「いつもとは違う形で会見を行う」と口火を切ってから、質問を受け付けず一気にまくしたてた。


「毎晩、毎晩、うんざりだ! このクソったれが!……」


 このとき彼は、放送禁止用語を6回も連呼した。


「みんな、『チクショウ! なんとかしなきゃいけない!』という思いを持たなければダメだ」

丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米し、インディアナ州立大学スポーツマーケティング学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行っているほか、NHK BS−1で放送されている「ワールドスポーツMLB」にも出演している。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント