sportsnavi

ファインダー越しに見た【坂本花織】
フィジカル&メンタルすべてが規格外

アプリ限定

 私が年間で撮影した数十万枚の写真を見るなかで、この選手はこのポーズがカッコいい、この表情が絵になるということが見えてきました。第3回は「2018 GPファイナル」から坂本花織選手の写真を5枚厳選。類まれなる筋肉美を生かしたパワフルなスケーティングが彼女の持ち味ですが、舞台裏で見た素の性格に彼女の強さを見ました。

時折見せる可憐な一瞬がシャッターチャンス

【写真(1)】2018 GPファイナル 女子
【写真(1)】2018 GPファイナル 女子【(C)Yazuka WADA / JapanSports】

 坂本選手は撮影していてすごくおもしろい選手ですね。今回は背中が写っている写真を選んでいませんが、坂本選手は、テレビで観ていてもかなりの筋肉質でアスリート体形であることがわかるかと思います。アスリートの要素とフィギュアスケートで求められる表現力とは相反するよう思えますが、坂本選手は自分のフィジカルを上手く肉体美として見せている印象です。【写真(1)】は、肉体美を見せながらも時折見せる可憐な表情を切り取ることができた一枚です。この写真は、フィギュアスケートの専門誌の編集の方から「こういうカットはなかなか撮れないよ」と褒められたくらい。坂本選手はまさしく「ザ・アスリート」というイメージですが、可愛らしい瞬間を逃さず狙っていきたいと思います。

演技前に笑えるメンタルの強さ

【写真(2)】2018 GPファイナル 女子
【写真(2)】2018 GPファイナル 女子【(C)Yazuka WADA / JapanSports】

【写真(2)】は坂本選手の性格を表している写真だと思い、セレクトしました。コーチに激励されながらリンクに出ていく直前のシーンですが、これから自分の演技が始まるというのにほほ笑んでいるんですよね。普通だったらガチガチに緊張するところなのに、坂本選手は冗談も通じる明るいキャラクターで、自分からリラックスできてしまう。筋肉もさることながら、すべてを笑い飛ばしてのみ込んでしまうような勝負強さを持っているなと感じる写真です。


 印象に残っていることは、大きな失敗をしてしまいリンクで大泣きしていたんですけれど、報道陣が取材をするミックスゾーンまで見に行ったら、ゲラゲラと笑っていたんですよね。気持ちの切り替えが早い素晴らしいアスリートだなとびっくりしたのを覚えています。おそらく、私が見てきた女子選手のなかで、失敗して大泣きした後の気持ちの切り替えの早さとか、喜びを爆発させるところとか、体の使い方と体の作りは、まさにスーパーアスリート。演技中も喜怒哀楽がとてもあり、シャッターを切ることに夢中にさせてくれる選手です。

和田八束

1975年千葉県生まれ。東京ビジュアルアーツ専門学校写真学科を卒業後、フリーランスのフォトグラファーとして、スポーツ写真を中心にさまざまなジャンルの撮影を行いながら、自転車ロードレースの最高峰「ツール・ド・フランス」を約20年間追い続ける。2017年より、日本スケート連盟からオフィシャル業務を請け負う有限会社ジャパンスポーツの代表であり、フィギュアスケート撮影の第一人者である菅原正治から声が掛かり、フィギュアスケートの撮影を開始。今シーズンもISUグランプリシリーズを中心に世界を飛び回っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント