sportsnavi

ファインダー越しに見た【宮原知子】
頭のてっぺんからエッジにまで表情が

アプリ限定

 私が年間で撮影した数十万枚の写真を見るなかで、この選手はこのポーズがカッコいい、この表情が絵になるということが見えてきました。第2回では「2018 GPファイナル」から、宮原知子選手の写真を5枚厳選。細やかな表情の変化や繊細な指使い、そして正確無比なエッジワーク。全身で撮ってこそ彼女の良さが伝わるように思います。

喜怒哀楽がある指先

【写真(1)】2018 GPファイナル 女子
【写真(1)】2018 GPファイナル 女子【(C)Yazuka WADA / JapanSports】

 宮原選手はキリっとした、パキッとした表情の写真が多いのですが、一番の特徴は指先まで神経が通っているかのような表現力だと思います。【写真(1)】を見ると、指先まで表情があるのがわかるかと思います。宮原選手はとても小柄な選手ですが、表情の作り方や顔の喜怒哀楽もそうだけれども、指先まで喜怒哀楽がある選手ですね。プレッシャーは顔の表情や指先に表れやすく、撮影をしていてもレンズ越しから選手の緊張感が伝わってくるものですが、宮原選手は常に落ち着いて演技をしているので、どんなプレッシャーがかかった状況でも、指先の表現がブレるということがほとんどない選手だと思います。

険しい表情も絵になる

【写真(2)】2018 GPファイナル 女子
【写真(2)】2018 GPファイナル 女子【(C)Yazuka WADA / JapanSports】
【写真(3)】2018 GPファイナル 女子
【写真(3)】2018 GPファイナル 女子【(C)Yazuka WADA / JapanSports】

 宮原選手は、柔らかい表情と厳しい表情の両方を作れる選手ですね。【写真(2)】では眉間に皺が寄っていて厳しい表情を作っていますが、一方で【写真(3)】では、とても荘厳な雰囲気を感じさせてくれます。また、しっかりとポーズを決めて、「ここを撮りなさい」というような演技をしてくれる選手でもあります。フォトグラファーとしては、彼女のメッセージを逃さないように、しっかりと。逆に、演技中にポーズが全然決まらないような選手もいて、流れのなかでやるような選手は私たちでしっかりとその瞬間を切り取っていかないといけません。宮原選手の場合は、「ここを切り取って」というわかりやすい要求が必ず来るので、それを逃さないように準備をしています。

和田八束

1975年千葉県生まれ。東京ビジュアルアーツ専門学校写真学科を卒業後、フリーランスのフォトグラファーとして、スポーツ写真を中心にさまざまなジャンルの撮影を行いながら、自転車ロードレースの最高峰「ツール・ド・フランス」を約20年間追い続ける。2017年より、日本スケート連盟からオフィシャル業務を請け負う有限会社ジャパンスポーツの代表であり、フィギュアスケート撮影の第一人者である菅原正治から声が掛かり、フィギュアスケートの撮影を開始。今シーズンもISUグランプリシリーズを中心に世界を飛び回っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント