IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファインダー越しに見た【羽生結弦】
世界王者はすべてに自分のカタチがある

アプリ限定

 私が年間で撮影した数十万枚の写真を見るなかで、この選手はこのポーズがカッコいい、この表情が絵になるということが見えてきました。第1回は「2018 GPシリーズ フィンランド大会」から、羽生結弦選手の写真を5枚厳選。一目で羽生結弦だとわかる独特のキメポーズもさることながら、テレビでは映らない練習中の写真にも、彼が世界王者たる所以(ゆえん)が表れているように思います。

まさに日本を“背負う”羽生選手

【写真(1)】2018 GPシリーズ フィンランド大会
【写真(1)】2018 GPシリーズ フィンランド大会【(C)Yazuka WADA / JapanSports】

 羽生結弦選手は、日本はもちろん、世界の男子フィギュアスケートをけん引しているのは間違いありません。彼は相当な重責を担っているなかで本当にストイックにやっているなと、いつも近くで見ていて感心します。羽生選手は、確実に仕上げて、本番で100%の演技を見せてくれる選手です。【写真(1)】は日本のフィギュアスケート界を「背負っている」羽生選手が表現できた一枚です。

練習でも常に全力

【写真(2)】2018 GPシリーズ フィンランド大会
【写真(2)】2018 GPシリーズ フィンランド大会【(C)Yazuka WADA / JapanSports】

【写真(2)】は公開練習時の汗だくになっている羽生選手の写真です。練習でも常に100%で挑んでいる羽生選手の姿勢がわかるかと思います。練習だからって緩めているわけではない。華やかな舞台の裏で、血のにじむような努力をしている羽生選手のこの写真が、私は素直にいいなと思いました。一方で、私は羽生選手ほど報道陣に対して気を遣う選手は見たことがありません。いつかの公開練習で取材陣に「何を滑ればいいですか?」と聞いてきたことがありました。自分のやりたいように練習してくれればいいのですが。羽生選手は報道陣への受け答えも含めて、相当考えているんだろうなと思います。

和田八束

1975年千葉県生まれ。東京ビジュアルアーツ専門学校写真学科を卒業後、フリーランスのフォトグラファーとして、スポーツ写真を中心にさまざまなジャンルの撮影を行いながら、自転車ロードレースの最高峰「ツール・ド・フランス」を約20年間追い続ける。2017年より、日本スケート連盟からオフィシャル業務を請け負う有限会社ジャパンスポーツの代表であり、フィギュアスケート撮影の第一人者である菅原正治から声が掛かり、フィギュアスケートの撮影を開始。今シーズンもISUグランプリシリーズを中心に世界を飛び回っている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント