IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野村克也からの手紙
大谷翔平様 未知の世界を行く君へ
『野村克也からの手紙』
二刀流で活躍する大谷翔平に対して、野村氏は注文が一つあると書いている
二刀流で活躍する大谷翔平に対して、野村氏は注文が一つあると書いている【写真は共同】

 2018年、メジャー・リーグに渡り、投打の二刀流に挑んだ大谷翔平。成績は、打者として打率2割8分5厘、22本塁打、61打点、投手として4勝2敗、防御率3.31。シーズン後半は右ヒジのケガで打者に専念したものの、その活躍は全米中のファンを熱狂させた。


 そんな大谷の夢を追う姿勢に、一通の手紙をしたためてエールを贈っているのが野村克也氏だ。「昔はスター選手といえば超個性派の集まりだったが、君は素直で、とてもいい子。“優等生”のイメージさえある」と、NPB時代から注目していた天才の印象を語る。そのうえで、野球に打ち込む少年少女のためにも、注文が一つあると書いている。

大谷、神の子、不思議の子 後輩たちのより良い見本たれ

 メジャー・リーグでの君の活躍は、連日のように見ているよ。初めはずいぶん低く評価されていたようだがフタを開けてみれば、この活躍。アメリカのマスコミもファンも、さぞ驚いたことだろう。


 君はアメリカでもこのまま、“二刀流”を貫くようだな。


 二刀流に賛成か、反対か。私の考えは正直、ずいぶん揺れ動いたよ。


 君が日本ハム入りし、栗山(英樹)監督が「大谷は二刀流でいく」とぶちまけたときは、真っ先に「プロ野球をなめんなよ」と思った。


 日本プロ野球80年の歴史において、二刀流にチャレンジした選手は、過去にもいた。例えば、『プロ野球ニュース』などの解説でもおなじみの、関根潤三さん(近鉄ほか)。しかし結局は、バッター一本に絞ることになった。


 プロ野球は、やはりそんなに甘くない。過去80年で一人も成し遂げられなかったことは、常識的に考えても容易にできるはずがないのだ。君の場合も、「二兎を追う者は一兎をも得ず」になるのではないか、と私は思った。


 しかし、そんな私たち“二刀流反対論者”の声を知ってか知らずか、君は涼しい顔で活躍を続けた。


 そのうち、私は自分の見方を考えるようになった。選手としても、指導者としても、最もよくないのは固定観念を持つことだ。野茂英雄(元近鉄ほか)のトルネード投法も、イチロー(マリナーズ)の振り子打法も、「変則すぎる」と固定観念をもって直していたら、彼らの活躍はなかっただろう。今ならソフトバンクの柳田悠岐のアッパースイングもそうだな。


 私は「二刀流反対」の考えを改めた。君の、あのプレーを見せられれば、私が監督でも二刀流をやらせたくなるだろう、と思った。


 その後、折にふれ君を見ていて、いくつか興味深いことがあった。

 まず、打球方向。


(NPB時代に関して言えば)レフト方向への打球がほとんどなのだ。一般的にホームランバッターは、右打ちならレフト、左打ちならライトへの打球が多い。逆方向への打球が多いホームランバッターとは、時代の違いなのか、それとも君自身が逆方向を狙って打っているのか。


 ピッチャー兼任のため、相手投手が同じピッチャーとして、内角を厳しく攻めていなかったこともあるだろう。しかし、仮に外角中心に来ても、センター方向への大きな打球になるはずだ。


 同じ左バッターで言うなら、王貞治の打球は、すべてライト方向への引っ張りだった。私はあるとき、王に「逆方向へは打たないの?」と聞いた。すると、「広角に打とうと思ってやってみたんだけど、ピッチャーゴロになってしまうんだ」と王。そのため、逆方向に打つのをやめたのだという。


 私も逆方向へのホームランは、数えるほどしかなかった。それも、狙って打ったのではなく、振り遅れて逆方向へ飛んだものだった。


 中には、体の開きを防ぐ対策として、バッティング練習で逆方向を意識して打つ選手もいるようだ。私もかつてバッティングの際、体が開くクセがあった。私の場合は、スライダーを意識して体が開かないようにしながら、ストレートが来たらバットをコンパクトに出すようにした。そこで外角ストレートが来ると、少し振り遅れて右方向へ打球が飛んだ。このやり方で、私は変化球への対応もできるようになった。


 そうして見ていたら、メジャーに行ってからも逆方向へホームラン。17年サイ・ヤング賞のコリー・クルバー(インディアンス)から放った一発を見たが、バッティングに大切な軸足のタメがよくできた、見事な当たりだった。


 一方、ピッチングで気になっていたのは、君のストレート。ゆったりしたフォームから、ビューンッとボールが伸びてくる。球速160キロ超は当たり前。そんなスピードでストレートが来たら、バッターはクルクル空振りしてしまう。


 ところが不思議なことに皆、君の速球をバットに当てている。これは、ストレートの精度の問題ではないかと私は思う。つまり、肩は強いが指先の力が弱い。指先の力が弱くてボールにしっかりスピンがかかっていないから、バッターの手元でボールが伸びてこない。ボールをリリースしてからミットに届くまでの、わずか0コンマ何秒かの間に2、3回転、回転数を増やせば、バッターの手元でグンッとホップするように見えるだろう。


 これは古い話だが、私の現役生活で、ストレートのスピードNO・1は阪急・山口高志だった。ストレートが来るとわかっていながら、バットがかすりもしなかった。ボールの軌道上にバットを出したと思っても、ブンッと空振りしてしまう。バットを短く持って、初めてかするほどだった。試合で投げるのは、ほとんどストレートのみ。あんなピッチャーは珍しい。バッターが「もういい加減、ぼちぼち変化球が来るだろう」と思っても、またストレート。結局終わってみたら、変化球が1球もなかったなんていうこともあった。


 もし当時スピードガンがあったら、山口は間違いなく160キロ超を計時していたと思う。あれは、まぎれもなく“本物の速球”だった。


 君もリリースの際、もっとボールにスピンをかけることを意識して、あんなストレートを投げてほしい。常に“ストレートの質”を高めていってほしいのだ。

ベースボール・マガジン社

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント