IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野村克也からの手紙
稲葉篤紀様 侍ジャパン監督を務める君へ
『野村克也からの手紙』
「名将・野村」が愛弟子に贈る「監督」の心得とは
「名将・野村」が愛弟子に贈る「監督」の心得とは【写真は共同】

 日本シリーズが終わると、野球ファンの視線を集めるのは日本代表の戦いだ。2018年11月、日米野球。『侍ジャパン』の精鋭たちを束ねるのは、稲葉篤紀氏。北海道日本ハム時代の12年には2000安打を達成し、14年に引退。17年に代表監督に就任した。44歳で重責を担ったプレッシャーは相当だろう。そんな指揮官を案じ、恩師である野村克也氏が手紙を書いた。


 野村氏がヤクルト監督5年目のシーズンを終えた1994年11月、ドラフト3位で入団したのが稲葉氏だった。以後、監督と選手として4シーズンをともに戦った野村氏は、「“クソ”がつくくらい真面目で努力家」と、稲葉氏を評する。「名将・野村」が愛弟子に贈る「監督」の心得とは。

監督が選手を引っ張る術は、言葉しかない

 君との出会いは、まさに縁だった。


 あれは94年だったな。私は当時明大3年生の克則に、「たまにはリーグ戦を観に来てよ」としきりに言われていた。「じゃあ今日行くわ」と言って神宮に出かけ、明治対法政の試合を2試合、観戦した。その2試合とも、法政の『四番・稲葉』がホームランを打った。しかも、なかなかいいセンスをしている。私はてっきり、シーズン10本くらい打っているものだと思っていた。あとで聞いたら、シーズン3本中の2本を、私の目の前で打ったということだった。それはそれで、深い縁を感じた。


 この年のドラフト、現場の希望は即戦力の左バッターだった。「ポジションはどこでもいいから、探してくれ」と編成部に頼んでいたのだが、最初の答えは「いません」だった。


「法政におるやんか」


『稲葉』の名は、その年の指名リストにまったく挙がっていなかった。


「法政の稲葉はダメか?」


 すると、スカウトは言った。

「プロでは無理でしょう。ファーストですから」


 つまり、ファーストとしては打撃が物足りないということだ。私は食い下がった。


「外野をやらせればいいじゃないか」


「外野をやっているのは、見たことがありません」


 だが、野球のポジションは9つある。「ファーストしかやったことがないから、ダメだ」という固定観念に縛られ、選手の可能性の芽を摘んでは、もったいない。編成部長が「挨拶にも行っていません」と心配するので、「もしものときは、俺が頭を下げに行くから」と言って、説得した。


 かくして94年11月18日のドラフト当日。私の要望通り、ヤクルトは3位で君を指名した。1位は逆指名で即戦力投手の北川哲也(日産自動車)、2位はやはり即戦力の内野手・宮本慎也(プリンスホテル)と、編成上最優先課題としていた選手は指名済みだった。こうしてヤクルトは図らずもこの年、のちの名球会入り選手を2人も獲得できたのだ。


 まさに、人生は縁。克則の試合を観に行っていなければ、君には会っていなかった。息子を観るより、スカウトをしに行ったようなものだったと言ったら、克則には怒られそうだな(笑)。


 しかし突然の指名に、君は驚いたようだった。入団発表の日、「指名して迷惑だったか?」と聞くと、慌てて「とんでもないです! 感謝しています!」と答えたな。他の、どの球団からも声がかかっていなかったとは、意外だった。そこで私はさっそく、「自主トレから外野のグラブを持って来いよ」と言い渡した。


 その年、君は自主トレ、キャンプはもちろん、公式戦の試合前も味方のバッティング練習中、ライトの守備位置に行ってはフライやクッションボールを追いかけていた。そしてボールを捕るや、試合とまったく同じようにセカンドやサードに返球した。肩はそれほど強くなかったが、捕ってからが速かったな。コントロールもよく、バックホームはほとんどストライクが返ってきた。練習のときから、ストライクの送球を心がけていたのだろう。のちにゴールデングラブを5回受賞(うち1回は一塁手)したのも、納得だ。


“クソ”がつくくらい真面目で努力家。とにかく模範生だったから、私は君にたるんでいるとか怠けているとか、なんの苦言も呈した記憶がない。むしろ、叱る材料がなかったくらいだ。


 ある日の試合前、何かの拍子で用ができた。「ちょっと稲葉を呼んできてくれ」とマネジャーに頼むと、しばらくクラブハウスを探し、「まだ来ていません」と言う。「そんなはずはないだろう、この時間に。室内(練習場)にいるんじゃないか?」


 そう言って彼に見に行かせたところ、案の定「いました!」と息せき切って、戻ってきた。君は暇さえあれば、一人黙々と室内でバットを振っている。入団の経緯のせいもあるだろうが、典型的な努力家だった。プロのスカウトは、アマチュア選手の試合中の姿だけでなく、普段どんな生活をしているか、いかに努力を積んでいるか、そこまで見てほしいと思う。そういったところにまた、君のように隠れた素質があるはずだ。


 09年、『週刊ベースボール』誌上に連載していたコラムに「素晴らしき恩師との出会い」というタイトルで、私との思い出を書いてくれたそうだな。君は私がミーティングで語った「備えあれば、憂いなし」という言葉が印象に残っているという。バッティングとはいかにして次の球に備えるか。バッティングに限らず、どんなプレーも、いやどんな世界や場面においても、備えの重要性は不変だろう。


 そういう点でも君が現役引退後、一度は評論家としてネット裏から野球を観たのは、いい“準備”になったと思う。私もそうだったが、実によく野球がわかるのだ。「なんでユニフォームを着ていたころ、これが見えなかったんだろう」というくらい、監督の心理や各バッターの長所、ピッチャーの攻略法が見えてくる。君もネット裏にいた間、頭の中で自分独自の野球思想、哲学を整理し直すことができただろうか。

ベースボール・マガジン社

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント