IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野村克也からの手紙
田中将大様 30歳になる君へ
『野村克也からの手紙』
野村氏が「マー君」に、激励の一通をしたためた
野村氏が「マー君」に、激励の一通をしたためた【写真は共同】

 高校生ドラフト1巡目で、2007年に東北楽天に入団した田中将大。チームを率いて2年目、当時71歳の野村克也氏は、球界の宝として期待された18歳の、スライダーにまず惚れ込んだという。新人時代に打たれても黒星がつかない強運ぶりを、「マー君、神の子、不思議の子」と表し、その言葉は新聞各紙で大きく報じられた。


 あれから11年。海を越えてなお、進化を続ける教え子は、18年で30歳。ヤンキースで先発の一角を担い、毎年二けた勝利をあげるなどベテランの風格も漂いつつある。そんな教え子に、野村氏は「野球選手は足腰から衰える。すべてにおいて『腰』が要になる」。本格派から技巧派へと今後、変化が予想される「マー君」に、激励の一通をしたためた。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

 君が(距離的にも存在的にも)“遠い人”になって、4年が過ぎた。


 11年前、君のピッチングを初めて見たとき、私はそのスライダーに惚れ込んだ。古くは西鉄・稲尾和久に、もう少し時代を下るとヤクルト・伊藤智仁に重なった。あれこそバッターが嫌がる球だった。


 特に開幕18連勝(君自身は22連勝だった)を挙げた日(13年8月23日、ロッテ戦=Kスタ宮城)のスライダーは、稲尾と肩を並べるものだった。「誘う、稼ぐ、(バッターが) 避ける」スライダーを、君は自在に投げ分けた。


 運もあったと思う。もし巨人など強いチームに入っていたら、デビューは1、2年遅れていただろう。弱い楽天に指名されてよかったな。


 あのときの楽天は、なんせピッチャーがいなかった。先発ローテーションピッチャーを5人、指折り数えようとしても、まず「岩隈久志……」と、親指だけ折ったところで止まってしまう。そこで、君を先発ローテ入りさせることにした。二軍から育て上げるのではなく、一軍で投げながら勉強させるのも一つの育成方法、と自分にも言い聞かせ、先発マウンドに送り出した。


 初めは勝てなかったな。3試合連続KOだ。


「まだ無理なんじゃないですか」


「二軍に落としたほうがいいんじゃないですか」


 記者たちにも、散々言われたよ。


 しかしあれだけ打たれ、KOされながら、不思議と君には黒星がつかなかった。終わってみれば、「敗戦投手・田中」が消えているのだ。やはり、強運の持ち主だったのだろう。「不思議な子だな」「神様がついているんじゃないかな」──そう思ったら、自然にあの言葉が口を突いて出た。


「マー君、神の子、不思議の子」


 いやあ、あれは我ながら、大ヒットだったと思う。

 私は監督として、よくマスコミを利用させてもらっていた。野球も、要は人気商売だ。特に私は、今と違って人気のまったくなかったパ・リーグ育ち。君たちの世代からしたら信じられないほど、パ・リーグのスタンドは閑散としていた。マスコミも、パラパラ。南海など、日本シリーズを戦っても大阪の新聞の一面に来ないことが多かった。


 だからいつも、「どうしたらスポーツ紙の一面を取れるか」ばかりを考えていたんだ。それには自ら“見出しになるような、気の利いたフレーズ”を考えなければならない。昔取った杵柄か、「マー君〜」は口なじみもよく、まさに見出しにピッタリだ。おっと、自画自賛はこのくらいにしておこう。


 君はKOされながらも、光るものがあった。打たれたのは皆、真っすぐだっただろう。あの高速スライダーはバッターも嫌がっていたし、打たれてもいなかった。そこで、私はこう、キャッチャーに言った。


「ストレートを見せ球にして、スライダーで打ち取れ」


 君を生かすには、基本的にその考え方がいいと思った。ストレートを使うときだけ慎重に、と念押ししておいたんだ。


 4試合目、君はソフトバンク相手に完投で、見事プロ初勝利を収めてくれた。そこからの活躍は、もうこの手紙には書ききれない。


 私が『原点能力』と呼ぶ外角低めへのストレートの制球力も、君は稲尾に負けず劣らず持っている。そこも楽天時代、私が惚れ込んだところだ。知っての通り、ピッチングの原点は外角低め。外角低めは、バッターにとって最も打ちにくい球だからだ。


 困ったときには“原点回帰”で、この外角低めにボーンッと投げ込む。バッターは初球、あるいは自分に有利なカウントのとき、外角低めの難しい球にはわざわざ手を出さない。だから、この球でカウントが取れるんだ。


 2球で0ボール2ストライク、もしくは1ボール1ストライクと自分に有利なカウントにし、そこからストライクゾーンを広げていくのが、君の基本的なピッチングだった。1球目、2球目にまずストライクを取る。これは、ピッチャーすべてにとっても基本である。


 ピッチャーとバッターの勝負には、「ピッチャー有利」「ピッチャー不利」「五分五分」という3つの状況が存在するが、君は常に「ピッチャー有利」の状況に持っていくことができる。そして、困ったときは“原点能力”でしのぐ。


 君は負けん気が強いだけでなく、打たれても自分の課題をしっかり見つけ、反省し、次の登板に備えるクレバーさがあった。そうやって、楽天の『エース』に成長した。『エース』は『勝てるピッチャー』ではない。『負けないピッチャー』だ。厳しい試合を乗り切っての1対0、チームが苦しいときの1対0。そんなピッチングのできるピッチャーを、“本物の『エース』”という。トータルで20勝すればいいというものではなく、「チームが困っているときの1勝」を挙げられるのが、真のエースだと私は思う。


 開幕18連勝したときのマー君は、まさにそうだった。18連勝目は、チームの連敗を5で止める貴重な勝利。これぞ、エースの働きだった。

ベースボール・マガジン社

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント