sportsnavi

三冠楽勝アーモンドアイはまさに別次元
ルメール断言「ウオッカにもすぐ届く」

史上5頭目の牝馬三冠制覇

クリストフ・ルメール騎乗のアーモンドアイが秋華賞V!
クリストフ・ルメール騎乗のアーモンドアイが秋華賞V!【スポーツナビ】

 JRA3歳牝馬三冠レースの最終戦、第23回GI秋華賞が14日、京都競馬場2000メートル芝で行われ、クリストフ・ルメール騎乗の春二冠馬アーモンドアイ(牝3=美浦・国枝厩舎、父ロードカナロア)が、単勝1.3倍の断然人気に応え優勝。2012年ジェンティルドンナ以来となる史上5頭目の牝馬三冠制覇を達成した。良馬場の勝ちタイムは1分58秒5。


 アーモンドアイは今回の勝利でJRA通算6戦5勝、重賞はGI桜花賞、GIオークス、GIIIシンザン記念に続く4勝目。騎乗したルメールは昨年のディアドラに続き秋華賞を連覇、同馬を管理する国枝栄調教師は同じく牝馬三冠を達成した2010年アパパネ以来の秋華賞2勝目となった。

史上5頭目の牝馬三冠を達成
史上5頭目の牝馬三冠を達成【スポーツナビ】

 なお、1馬身半差の2着には川田将雅騎乗の5番人気ミッキーチャーム(牝3=栗東・中内田厩舎)、さらに1馬身差の3着には武豊騎乗の3番人気カンタービレ(牝3=栗東・中竹厩舎)が入った。

これほど楽に三冠を勝ちきった牝馬はいたか?

「日本で乗った馬の中で一番強い!」とルメールはアーモンドアイを絶賛
「日本で乗った馬の中で一番強い!」とルメールはアーモンドアイを絶賛【スポーツナビ】

「今まで日本で乗った馬の中で一番強い!」


 ルメールがレース後に語ったこの言葉がリップサービスでもなんでもなく、まさに本心から出たものだというのがよく分かる。それほどまでに三冠目も、アーモンドアイは圧倒的だった。


 レースは後方から数えて5〜6頭目。もともとスタートが上手な馬ではなく、中団より後ろというのは織り込み済みかもしれないが、逃げた川田ミッキーチャームが作った流れは前半1000mを59秒6。「もっと速くなると思っていた」というルメールの裏をかく“絶妙に遅い”ペースに落とし込んでいたのだ。4コーナーから直線入り口でもミッキーチャームが2番手以降との差を広げかかったのに対し、アーモンドアイはまだ後方のまま。外回りコースならいざ知らず、秋華賞は直線が短い内回りコースである。さすがにこれは届かないのでは……そう思った人も少なくないはずだ。事実、同馬のオーナーである有限会社シルクレーシングの米本昌史代表取締役ですら「届くのかなと不安になった」というほどだし、“並の年”ならばミッキーチャームが押し切っていたレースだ。


 しかし、アーモンドアイは別次元の馬だということを、ラストの直線で改めて思い知らされる。

直線の豪脚は他馬とはまるでレベルの違っていた(左から3頭目がアーモンドアイ)
直線の豪脚は他馬とはまるでレベルの違っていた(左から3頭目がアーモンドアイ)【スポーツナビ】

「3、4コーナーで大外に行ったときにすぐ加速してくれました。コーナーが狭いからバランスがちょっと悪くなりましたけど、直線でまっすぐに走り出してからは凄い瞬発力でしたね」


 ルメールがそう振り返ったように、逃げ込みを計るミッキーチャームをはじめ他の16頭とはまるで勢いが違っていた。僕自身、ほんの数秒前まで「届くかな?」と思っていた気持ちは、瞬時に「これは楽勝だ」に変わっていた。2000年代の先輩三冠馬3頭と比べても、これほど楽に三冠全てを勝ちきった馬はいなかったように思う。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント