三冠楽勝アーモンドアイはまさに別次元
ルメール断言「ウオッカにもすぐ届く」

「だから、アーモンドアイは特別です」

家族でピース!
家族でピース!【スポーツナビ】

 欧州で数多くのクラシックホースにまたがってきた名手ルメールにとっても“三冠”は自身初の快挙。思えば桜花賞直後から「三冠を獲れる馬」と明言していた有言実行のジョッキーは、日本の三冠制覇の難しさについてこう語っている。


「三冠は特別です。1年間ずっと馬のコンディションをキープするのはすごく難しい。国枝先生、スタッフの皆さんはすごくいい仕事をしてくれました。また、三冠レースは阪神1600メートル、東京2400メートル、京都2000メートルと、全て違うタイプのレース。東京の2400と京都の2000を比べても全然違う。それだけ難しいことですし、それを勝てるような素晴らしい馬である必要もあります。だから、アーモンドアイは特別です」

国枝調教師(右から3人目)はアパパネに続く牝馬三冠達成、これは史上初の快挙だ
国枝調教師(右から3人目)はアパパネに続く牝馬三冠達成、これは史上初の快挙だ【スポーツナビ】

 ルメールからその仕事ぶりを絶賛された国枝調教師は、アパパネに続く2頭目の牝馬三冠を達成。もちろん史上初の快挙であり、「まずはホッとしました」と安堵の表情を浮かべながら、アパパネでの経験が生かされていることを語った。


「アパパネのときは初めてということもあり、仕上げにも苦労しました。今回は2頭目でしたし、アーモンドアイは気のいい馬ですから、ぶっつけ本番でも大丈夫だろうと。馬のレベルにも差がありましたから、今回は気が楽でしたね」


 出来自体も「8分からもうちょっとくらいかな」とも明かしており、実際にまたがったルメールも「同じくらいだと思います」と同調。それでいてあのパフォーマンスなのだから、ただ、ただ恐れ入るばかり。そして、今回の出来が8分を上回るくらいであるのならば、次走以降はさらにピークに近づくというわけだ。「これからまだまだ良いところを見せてくれると思いますよ」と、さらなる期待感を抱かせてくれるトレーナー。一方のジョッキーも「もう(十分に)強いですよ(笑)」と笑顔で返しつつ、また冗談交じりに手綱、背中から伝わる“自慢の彼女”の最強ぶりを惜しみなくアピールした。


「今日の瞬発力は素晴らしかったですし、いまだに信じられません。これ以上もっと強くなったら、どこへでも行けます。飛びますね(笑)。ウオッカにもすぐ届くと思います。能力は同じくらいだと思いますし、加速、力、瞬発力、スタミナ、スピード……アーモンドアイは全部持っています」

世界への挑戦を視野に

来年は世界挑戦を視野に、アーモンドアイならばやってくれる!
来年は世界挑戦を視野に、アーモンドアイならばやってくれる!【スポーツナビ】

 こうなると秋華賞は単なる通過点。古馬との一戦に臨む次戦からが、アーモンドアイにとって本番の戦いとなる。記念撮影などを行う口取り式後にフラフラと歩いて引き上げるアーモンドアイのアクシデントに気がついたファンもいることだろうが、国枝調教師によれば「熱中症のようなもの」とのこと。厩舎に帰った後は回復し、今のところ歩様にも問題なく、また落鉄もしていなかったという。これも体質なのだろうか、オークス後も似たような症状になったとのことだ。


 そういうわけだから、次走は未定のまま。ジャパンカップか有馬記念か、はたまた別のターゲットになるのか、「まずはゆっくり疲れを癒してから」と国枝調教師。一方、米本代表は補足する形で「世界へ挑戦したいと思いますし、その資格がある馬。来年は視野に入ってくると思います」と、世界挑戦を前向きに語っている。ルメールも“世界挑戦”の気持ちは同じだ。


「アーモンドアイのレベルは高いです。どこへでも行ける。もし、来年のメインターゲットが凱旋門賞だとしたら楽しみですね」


 プリンセスから女王になった――とは、レース後の共同会見を締めくくったルメールの言葉だが、まさに日本競馬界のクイーンたるスーパーホースが名実ともに誕生した平成最後の秋華賞。アーモンドアイの第1章はこれにて完。これまた国枝調教師の言葉を借りれば「今までにない領域に踏み込む」第2章がもう今から楽しみでならない。


(取材・文:森永淳洋/スポーツナビ)

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント