ラグビー界の“特別な才能”山沢拓也
今後の日本代表選出の可能性は…

自陣インゴールから見せたスーパープレー

東芝戦で素晴らしいパフォーマンスを見せたパナソニックSO山沢拓也
東芝戦で素晴らしいパフォーマンスを見せたパナソニックSO山沢拓也【斉藤健仁】

 あらためて「山沢拓也」という名を日本中にとどろかせた試合となった。


 9月15日、トップリーグの第3節、王者奪還を狙うパナソニックがフィジカルラグビーが売りの東芝と激突。ランニングやキックを交えてフィールドを駆け抜けて、スキルと判断力の高さを見せつけたのは野武士軍団の司令塔のSO山沢だった。


 前半23分、山沢はグラバーキックからチャンスを作り、自らトライとゴールを決めると、圧巻だったのは34分だった。自陣で奧深くまで攻められたが、味方がラックでボールを奪い返すとインゴールでパスを受けた山沢が、通常ならタッチキックを蹴るところをランで仕掛ける。「外からもボールを回してというコールがあったので『ちょっと攻めよう』という意識で前を見たときにスペースがあると思ったのでいきました」

 相手のディフェンスラインのギャップをチームも山沢も見逃さなかったというわけだ。50m走6.0秒というスピードが武器の山沢は一気に加速して70メートルを走り、最後は少し内に切って相手を自分に寄せてから、左足で右中間にボールを転がした。


 山沢は冷静だった。相手にタックルされる前に首を振って、味方のWTB山田章仁を確認していた。「自分がタックルされたのが最後のディフェンダーで、自分はちょっと疲れちゃって『任せた』と。アキさん(山田)がいるのがわかったので、アキさんの走力にかけた。トライが取れて良かった」と破顔した。

ディーンズ監督「一人が山沢、もう一人はカーター」

山田のトライをアシストした場面では、自陣インゴールから独走し、相手を引きつけてからキックパスを通した
山田のトライをアシストした場面では、自陣インゴールから独走し、相手を引きつけてからキックパスを通した【斉藤健仁】

 後半14分も、相手キックからのカウンターで、SO山沢は空いているスペースを見逃さず中盤でチップキックを蹴って自らキャッチ、再び、足にかけた。「後ろに人がいないのはわかっていた。あとは足の勝負だった」とそのボールをインゴールで押さえた。山沢が随所に活躍したパナソニックが31対24で勝利し、開幕3連勝を達成。山沢は前節に続いて、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いた。


 試合後、スーパーラグビーで5度優勝を経験しているパナソニックのロビー・ディーンズ監督は手放しで山沢を褒めた。


「今週末、2人のワールドクラスのSOがプレーしたと思います。一人が山沢、もう一人が(元ニュージーランド代表で前日に神戸製鋼デビューした)ダン・カーターです。山沢は間違いなく才能を与えられた、ほかの選手ができないことができるプレイヤーだし、いろいろなプレッシャーの中でもチームのために必要な状況判断がどんどんできてきている、成長している選手だと思います」


 かつてクルセイダーズでカーターをプロ選手として見出した名将は、山沢を、その世界最優秀選手賞を3度受賞したレジェンドと遜色ない選手として並び称した。

高校時代に日本代表合宿参加も、ケガが続く

ケガが多く、日本代表には定着できていない
ケガが多く、日本代表には定着できていない【斉藤健仁】

 中学までサッカー少年だった山沢は、本格的にラグビーを始めたばかりの高校1年生から花園を湧かせた。そして高校3年時、当時日本代表を率いていたエディー・ジョーンズHC(現・イングランド代表HC)に「スキルが高くビジョンを持っている」と代表合宿に招集され、ジュニア・ジャパンの試合にも出場したポテンシャルの高い逸材だった。


 しかし、2014年春、ジュニア・ジャパンの遠征で左膝のじん帯を断裂。復帰したものの、また同じ場所を痛めるなどケガに泣き、2015年度は試合に出場することがかなわなかった。「よりレベルの高い場所で」と、2016年、筑波大学4年時からトップリーグでプレーするという前例のない形でパナソニックに入団した。


 昨春は、アジアを戦う若き日本代表に選出され3キャップを獲得したが、その後は代表に呼ばれても出場はかなわず、サンウルブズに参加することもなかった。ただ山沢は今年2月から4月までは、スーパーラグビーで2連覇を達成したクルセイダーズに留学し研鑽を積んだ。同時期にニュージーランドに遠征していた日本代表に準じるジャパンAに選ばれるのでは、と期待していた。


 だが山沢は3月末には左肩を負傷し、さらに6月には左膝を痛めており、本格的に復帰したのは8月のことだった。元オーストラリア代表SOベリック・バーンズが負傷したこともあり、今年はトップリーグの開幕から10番を背負った。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント