IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本ラグビーの未来を担う山沢と森谷
バーンズが見た2人のTLデビュー

エディー・ジョーンズに認められていた山沢

高校時代から日本代表合宿に招集されていた山沢
高校時代から日本代表合宿に招集されていた山沢【斉藤健仁】

 将来の日本を背負うポテンシャルがある若き2人のBKが、ケガからの復帰とともにトップリーグデビューを果たした。


 8月26日、14年目を迎えるトップリーグが開幕した。東のオープニングゲームに選ばれたのは4連覇を狙うパナソニックと昨季3位のヤマハ発動機のカードだった。パナソニックはヤマハ発動機が武器とするスクラムの前に、9度の反則を与えてしまい、21対24で敗戦した。


 パナソニックの10番を背負ったのは山沢拓也だった。


 エディー・ジョーンズ前日本代表HC(ヘッドコーチ)に「ビジョンを持っている」と高校3年生から合宿に招集されるなど高く評価されていた逸材。筑波大4年生ながら、今季は大学の試合に出場することなく、パナソニックに加入。そして13番のアウトサイドCTB(センター)には、帝京大出身の万能ルーキー森谷圭介が先発した。


 実は2人とも、大ケガからの復帰戦が、いきなりトップリーグの開幕戦となった。

山沢、森谷ともに大ケガから復帰

大ケガから復帰した森谷(左)。右は同じルーキーの藤田慶和
大ケガから復帰した森谷(左)。右は同じルーキーの藤田慶和【斉藤健仁】

 山沢は2014年春、ジュニア・ジャパンの試合で左膝のじん帯を断裂してしまう。12月に復帰したが、また同じ場所を痛めて2015年度は1試合も公式戦に出場することはなかった。そして、実家(埼玉県深谷市)から近い群馬県太田市に練習場を持つパナソニックで練習生としてリハビリやトレーニングを続けて、大学生のままトップリーグチームに入るという前例のない形で入団することになった。


 帝京大で1年生から先発で出場するなどポテンシャルを評価されていた森谷は、主に大学時代はFB(フルバック)としてプレーしていた。だが、今年の1月、大学選手権決勝の3日前に、やはり山沢同様に左膝じん帯を断裂。懸命のリハビリの末に、ラグビーができるほどまでに回復したというわけだ。

山沢「思い通りのプレーができなかった」

後半12分でベンチに下がった山沢。「もうちょっと慣れていかないといけない」
後半12分でベンチに下がった山沢。「もうちょっと慣れていかないといけない」【斉藤健仁】

 まず、山沢。彼の持ち味はパス、両足で蹴れるキックとスキルが高いだけでなく、ランの能力が高いところにある。オーストラリア代表キャップ51のベリック・バーンズをインサイドCTBに押しのけ、SOとして先発したものの、「仕掛けることができなかった」という山沢の自己採点は「40点くらい」だった。後半12分に山沢が退き、SOにバーンズが入るとWTB山田章仁が2トライを挙げたように、アタックラインを十分に動かすことはできなかった。


 真ん中にラックやスクラムができると両サイドに山沢、バーンズが立つダブルSOのようなスタイルで、大きくボールを展開する戦術の中で、山沢は仕掛けるよりもパスを投げる意識が高かったように思える。


「公式戦自体が、すごく久しぶりだったので、試合の最初とか少し焦ってしまった。もうちょっと慣れていかないといけない。トップリーグは一人一人が強くて、(スペースが)空いていると思っても空いていない。そこは大学とは違う。何も今日はできなかった。自分の思い通りのプレーができなかった。(トップリーグで)通用したと感じることはできなかった」(山沢)


 ただ今後について聞かれると、山沢はまっすぐに前を向いてこう答えた。「今後は、バーンズ選手のようにトライの起点となれるようなプレーをしたい。(日本代表に対しては)目の前のことをしっかりやりたい。その先に、そういう結果が付いてくればいいかなと思います」

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント