sportsnavi

サンウルブズを前進させる協調の文化
多国籍軍団が一丸となってシーズン3勝

レベルの上がったスーパーラグビーで3勝

3年目のシーズンを終えたサンウルブズ。スーパーラグビーでの戦いは続く
3年目のシーズンを終えたサンウルブズ。スーパーラグビーでの戦いは続く【写真:アフロ】

 参入3年目、“太陽狼隊”は確かな爪痕を残した。


 世界最高峰リーグのスーパーラグビーに挑戦して3年目を終えたサンウルブズ。5位以内を目標に掲げたが、結果は3勝13敗、勝ち点14で最下位だった。


 15チーム中最多失点(664点)とディフェンスに課題があるが、ポジティブな面もある。昨年から1試合増えたが、トライ数は41から48に増え、総得点も100点ほど増やして404点とした。初のプレーオフに進出したジャガーズが409点だったことを考えると、攻撃力は十分だった。


 一昨年は1勝、昨年は2勝だったが今年は初の3勝を挙げて勝ち点を14に伸ばした(昨年は12)。ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)が「いろいろなことがちょっとずつ機能し始めている。今まででベストなシーズンを過ごせた」と言えば、1年目に主将だったHO堀江翔太は「少しずつでも前に進んでいる」と笑顔を見せた。


 3勝にも大きな意味があった。実は、今年からリーグは18チームから15チームに削減。チーム数が減ったことで試合の強度が上がった。また対戦相手が手を抜かなくなり、フルメンバーでサンウルブズに臨んできた。そんな中での3勝は、最下位だが評価できる部分はあろう。

日本代表を中心にさまざまな選手を招集

豪快な突破でトライを奪ったWTBホセア・サウマキ
豪快な突破でトライを奪ったWTBホセア・サウマキ【写真:アフロスポーツ】

 今年からジョセフHCとトニー・ブラウンアシスタントコーチら日本代表のコーチングスタッフがサンウルブズを兼任、より日本代表との連携が強まった。ジョセフHCとブラウンコーチはともにハイランダーズ(ニュージーランド)のヘッドコーチ経験がある指導者で、選手の顔ぶれを見ると他のチームから警戒されることもうなずける。


 チームは昨年11月の日本代表選手が中心でHO堀江、SH田中史朗、CTBラファエレ ティモシー、WTB福岡堅樹、FB松島幸太朗らに、日本代表のキャプテンで昨年までチーフスに所属したFLリーチ マイケルも加わり、SH流大、FL姫野和樹、WTBレメキ ロマノ ラヴァらは初のスーパーラグビー挑戦となった。


 ワールドカップまでに日本代表資格を得るLOグラント・ハッティング、FLピーター・ラピース・ラブスカフニ、WTBゲラード・ファンデンヒーファーら過去にスーパーラグビーで実績のある選手を招集。さらに指揮官はハイランダーズ時代に指導していたPRクレイグ・ミラー、SOヘイデン・パーカー、万能BKジェイソン・エメリーも呼んだ。また日本で活躍していたCTBマイケル・リトル、WTBホセア・サウマキらも加わった。


 スコッドの層が厚くなる中、ジョセフHCは1月末、別府から始まった合宿で選手を鍛え上げた。他のチームが3カ月かけて行うことを1カ月で行ったため、戦術を落とし込むと同時にフィットネスやフィジカルトレーニングを敢行。選手からは「エディージャパン時代よりきつかった」、「人生で一番大変だった」という声が聞こえてきた。2泊3日の自衛隊キャンプも行い、チームに一体感と強い精神力を醸成した。

前半戦はケガにも苦しみ9連敗

昨季まで所属していたチーフスに敗れ、肩を落とすFLリーチ マイケル
昨季まで所属していたチーフスに敗れ、肩を落とすFLリーチ マイケル【写真:アフロスポーツ】

 今年はシーズンの前半にホームでの試合が多かったこともあり、最初からフルスロットルだった。メンバーの顔ぶれ、練習の強度を見ていると開幕ダッシュに成功するのでは……という思いもあった。しかし現実はそんなに甘くなかった。2月24日、ブランビーズ(オーストラリア)との開幕戦は25対32で惜敗。共同キャプテンのSH流も「勝っていればもっといい流れになっていただけに自分のミスが悔やまれる」と肩を落としたように、違ったシーズンになっていた可能性もあろう。


 前半戦はハッティング、エメリー、レメキらが負傷した影響が否が応でも出てしまう。チームはなかなか上昇せず、開幕9連敗。HO堀江が「もう少し時間があれば。お互いにクセを知ったりする部分が大切になってくるが、なかなか時間を作れない」と言えば、FL姫野も「開幕にピークを持っていけなかった」と悔やんだ。


 セットプレーを起点にしたアタックや相手の強烈なカウンターアタックで簡単にトライを奪われるシーンが目立った。指導陣は外国人が中心で、選手は日本だけでなくニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、トンガ、フィジー、ジョージア、韓国と多国籍なだけに、No.8ヴィリー・ブリッツと流という共同キャプテン制で臨み、フィールド外でコミュニケーションを取っていても、プレーの精度に表れるまで時間がかかってしまった。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント