井上尚弥、WBSSで現役最強の証明へ
大本命で迎える最強決定戦トーナメント

対戦相手に元WBAスーパー王者を指名

“モンスター”井上尚弥(左)のWBSS1回戦の対戦相手が決まった
“モンスター”井上尚弥(左)のWBSS1回戦の対戦相手が決まった【Getty Images】

 日本が誇る“モンスター”がいよいよ真の意味での世界制覇へ――。


 今秋開幕予定のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)シーズン2の組み合わせ抽選会が7月20日(現地時間)にロシアで開催され、バンタム級、スーパーライト級の第1ラウンドのカードが決まった。


 バンタム級の第2シードでトーナメントに臨む井上尚弥(大橋)は、ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を指名。元WBA世界バンタム級スーパー王者で、17勝(8KO)1敗の戦績を誇るサウスポーと戦うことになった。


「このトーナメントに参加できてとても興奮しています」


 壇上では司会者と井上の呼吸が合わなかった感もあったが、最後は英語でそうあいさつしたのは好印象だったに違いない。いかにも国際大会らしいエキゾチックな舞台設定。抽選会の映像を見て、これから井上が臨むステージの大きさを実感したファンも多かったのではないか。

第1シード・バーネットはドネアと対戦

第1シードとなるWBAスーパー王者ライアン・バーネット(中央)は、元4階級制覇王者のドネアを選んだ
第1シードとなるWBAスーパー王者ライアン・バーネット(中央)は、元4階級制覇王者のドネアを選んだ【写真:ロイター/アフロ】

 参加者全員が集まっての組み合わせ決定とはいえ、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の相手は事前から指名挑戦者のジェイソン・マロニー(オーストラリア)に決まっていた。さらに第1シードのWBA同級スーパー王者ライアン・バーネット(イギリス)がノニト・ドネア(フィリピン)を選んだ時点で、井上にはパヤノかミーシャ・アロイヤン(ロシア)以外に選択肢はなくなった。


 アマ王者のアロイヤンではなくパヤノを選んだのは、のちに日本メディア向けに発表した通り、「元スーパー王者で実績のある選手と戦いたかった」からだろう。とにかく名前のある強豪と対戦したい。こんな姿勢から、この壮大なトーナメントに臨む井上のモチベーションが見て取れる。


<バンタム級の組み合わせ>


【WBA正規王者】井上尚弥(大橋)

25歳、16戦全勝(14KO)

vs.

【元WBA世界バンタム級スーパー王者】ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)34歳、17勝(8KO)1敗


【IBF王者】エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

25歳、18戦全勝(12KO)

vs.

【IBF指名挑戦者】ジェイソン・マロニー(オーストラリア)

27歳、17戦全勝(14KO)


【WBAスーパー王者】ライアン・バーネット(イギリス)

26歳、19戦全勝(9KO)

vs.

【元世界4階級制覇王者】ノニト・ドネア(フィリピン)

35歳、38勝(24KO)5敗


【WBO王者】ゾラニ・テテ(南アフリカ)

30歳、27勝(21KO)3敗

vs.

【元アマ世界王者】ミーシャ・アロイヤン(ロシア)

29歳、4戦全勝

杉浦大介
杉浦大介

東京都生まれ。日本で大学卒業と同時に渡米し、ニューヨークでフリーライターに。現在はボクシング、MLB、NBA、NFLなどを題材に執筆活動中。『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボール・マガジン』『ボクシングマガジン』『日本経済新聞・電子版』など、雑誌やホームページに寄稿している。2014年10月20日に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)を上梓。Twitterは(http://twitter.com/daisukesugiura)

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント