IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロボクサー・井上尚弥のスタイル
練習から全力で「全てを楽しむ」

「練習でやっていないことは、試合では絶対に出ない」

「練習でやっていないことは、試合では絶対に出ない」――。プロボクサー・井上尚弥は、練習から全力だ
「練習でやっていないことは、試合では絶対に出ない」――。プロボクサー・井上尚弥は、練習から全力だ【スポーツナビ】

 練習でしてきたことをどう試合で出せるか――。プロボクサー・井上尚弥のファイトスタイルの根底にある哲学。まだ練習の半分程度しか出し切れていないという。それであの圧巻のパフォーマンス。ではその普段の練習とは、一体どんなものなのか。


「僕はスパーリングでも常に試合と同じ気持ち。いつも相手を倒す気持ちでやっています」


 あくまで本番へ向けた調整の場だ。ケガにも細心の注意を払うスパーリングでは、試合よりも相手へのダメージを和らげる大きなグローブを着け、頭部を守るヘッドギアを被る。「まあスパーリングで相手を倒す、と思っている人はそんなにいないでしょうね」とも話す。そこを、本番さながらのKOスタイルで臨むところが、まず異質だろう。


「練習でやっていないことは、試合では絶対に出ませんから」


 常にフルスロットルのスパーリングは、関係者の間で数々の武勇伝を生んでいる。2階級、3階級上の選手を倒すのは当たり前。4階級上のスーパーフェザー級の選手の肘を、パンチで折ってしまったこともある。ある意味では、理想のパフォーマンスは、練習の中でしかまだ発揮できていないのかもしれない。


ボクシングのすべてを楽しんでいる

「スパーリングでできていることが、試合でできていない。練習では、ここが自分のスタイルで、これを極めていけばいいかなと思うものはある。練習でできていることが、試合でも平気でできるようになれば。スパーリングが強くてもしょうがないですからね」


 ただ倒すことを求めるのではなく、当然技術的な試行錯誤も重ねている。「変化は日々ありますよ。日々練習で考えて、できないことをできるようにすることを積み重ねていくしかないです。刺激がないとマンネリになりますし。スパーリングがないと、毎日同じ練習になって考えなくなってくる。若い、知らない対戦相手とスパーリングすると自分も考えますし。何か刺激は与え続けないといけないと思いますね」


 練習から全力で課題と向き合うから、不安のないまま本番のリングに立てる。「それなりの練習をしているから、楽しむという気持ちでリングに上がることができる。自分が好きでやっているボクシング。練習から試合の期間まで、そして試合当日も。すべて楽しんでいるし、好きだからそれができるんだと思います」


 威風堂々たる王者のたたずまい。誰よりもボクシングが好きで、誰よりも真剣に練習に取り組んでいるからこそ、臆することなくチャンピオンロードのど真ん中を歩いてきた。

CoCoKARAnext
CoCoKARAnext

アスリートと一流仕事人に学ぶココロとカラダを整えるマガジン。2017年6月、雑誌・WEB版共に創刊。日々快適に、各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、アスリートのみならず、多くの人の心身のコンディショニングの役に立つ媒体を目指している。「こうしたら痩せますよ」「こうしたら健康になりますよ」というような時代とともに変わる健康や医学の理論は紹介せず、アスリートや各業界で成功している人の事例、メソッド、オピニオン、ライフスタイル等を紹介していくスタンスを貫く

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント