sportsnavi

今治に感じるJ3昇格への自信と重圧
上々の「船出」となったJFL開幕戦

「3.11」に開催された20年目のJFL

今季のJFLは3月11日に開幕。試合前、東日本大震災の犠牲者に向けて黙とうが行われた
今季のJFLは3月11日に開幕。試合前、東日本大震災の犠牲者に向けて黙とうが行われた【宇都宮徹壱】

 Jリーグに続いて、今季のJFLが開幕した。Jリーグが2リーグ制となったことに伴い、企業クラブとJを目指すクラブによる「アマチュア最高峰」の全国リーグとして、JFLがスタートしたのは1999年のこと。それから20シーズン目となる今年の開幕日は、7年前の東日本大震災が発生した3月11日となった。今治市の夢スタ(ありがとうサービス.夢スタジアム)で開催された、FC今治対ヴェルスパ大分の試合でも、キックオフの前に震災の犠牲者に向けて黙とうがささげられている。


 黙とうの間、7年前のJFLのことを思い出す。この年の日本サッカー界は、日本代表とJリーグ選抜によるチャリティーマッチ、なでしこジャパンのワールドカップ優勝、そしてベガルタ仙台の躍進など、さまざまな出来事があった。あまり注目されることはなかったが、この年のJFLも震災の影響を少なからず受けている。開幕日は3月13日だったが、当然ながら中止。その後、第2節から第6節までの中止が段階的に発表され、結局4月23日の第7節が開幕節となった。そして中止となった6節分は、主に8月、11月、12月に振り替えられることとなり、後半戦は過密日程となった。


 この年、最も深刻な影響を受けたのが、被災地のクラブであるソニー仙台FC。選手が働いていた社屋は津波被害に遭い、まさに「サッカーどころではない」状況が続いた。結局、前期リーグの17試合は参加を見送ることを決断。後期リーグ17試合と、延期分6試合(災害復興支援試合)のみを戦うという変則的な日程となった。すべてのチームが、同じ試合数を戦うのがリーグ戦の大前提。とりわけ上を目指すクラブにしてみれば、こうした変則的なリーグ運営は決して歓迎できないものであったはずだ。しかしJFLの実行委員会では、明確な反対意見はなかったと聞く。「困った時は助け合おう」という、いかにもJFLらしい話だなと思ったものだ。


 あれから7年。JFLは14年のJ3開幕とともに改組され、今では4部リーグとして日本サッカーのピラミッドに組み込まれている。震災の危機を乗り越えて以降も、ここ数年は企業クラブの撤退が相次ぎ、そのたびに「アマチュアの全国リーグ」の存在意義が問われてきたが、こうして20年目のシーズンを迎えたことを素直に喜びたい。そしてJFL2年目を迎える今治にとっては、今季は「是が非でもJ3昇格」という勝負の年。新シーズンの開幕を待ちわびるかのように、この日の夢スタには4493人もの観客が集まった。

スタメンに4人の新加入選手を起用

今季こそのJ3昇格を目指すFC今治。開幕戦では4人の新加入選手がスタメン入り
今季こそのJ3昇格を目指すFC今治。開幕戦では4人の新加入選手がスタメン入り【宇都宮徹壱】

「今年のトップチームについては何も知らないんですよ(笑)」──試合前のトークイベントで、岡田武史オーナーはこう語っていた。昨シーズンのファーストステージは、時おりジャージ姿で吉武博文監督の隣に座ることもあったそうだが、今年はオーナー業に専念するため編成や強化は一切ノータッチ。それくらい現場に信頼を置いているということだろう。「チームはいい仕上がりになっているという報告を受けています」と、その表情からも余裕が感じられる。


 J3に昇格するための成績面での条件は、ステージ優勝するか、年間総合で4位以内に入ること。昨シーズンの今治は、ステージ優勝はかなわず、年間順位も6位に終わっている。優勝したHonda FCには2戦していずれもドローだったが、年間で上位5チームに対して勝利できたのはアウェーのヴァンラーレ八戸戦のみ(1−0)。初めての全国リーグを戦うには、十分な力を持っていなかったと言わざるを得ないだろう。


 今季の戦力補強は、昨シーズンと比べてやや地味な印象は拭えない。新加入選手10人のうち、元JリーガーはDFの太田康介(ツエーゲン金沢)のみ。残りはJFLプレーヤーか大卒選手ばかりである。補強の基準について、吉武監督は「われわれのメソッドにすぐ順応できること」を挙げている。そしてそのチョイスに関しては、高司裕也オプティマイゼーション事業部長の主導のもとで行われたようだ。その上で指揮官は、今季の強化方針についてこう語っている。


「これまでの3年間は、岡田メソッドの構築とトップチームの強化を並行してやってきましたが、すでに選手たちも理解しているので、今年はメソッドはやりません。その上で、今年はプレーモデルを作る年になります。どんなに選手が入れ替わっても目指すプレーモデルは変わらない。われわれは『2018バージョン』と呼んでいますけれど、それを3月までに落とし込んで、今季を乗り切らならないといけない」


 こうした吉武監督の発言を踏まえて、注目したいのがこの日のスタメン。重要な開幕戦で、果たして何人の新戦力を使うのだろうか。この日の今治のシステムは4−2−3−1。11人のうち、4人が新加入選手であった。すなわち、センターバックの太田、守備的MFの山田貴文と瓜生昂勢、そしてセンターFWの有間潤。センターラインの重要なポジションに新戦力を配置したところに、指揮官の信頼と期待を見て取ることができる。この新布陣、果たしてどれだけ機能するのだろうか。

宇都宮徹壱
宇都宮徹壱
1966年生まれ。東京出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了後、TV制作会社勤務を経て、97年にベオグラードで「写真家宣言」。以後、国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。旅先でのフットボールと酒をこよなく愛する。著書に『ディナモ・フットボール』(みすず書房)、『股旅フットボール』(東邦出版)など。『フットボールの犬 欧羅巴1999−2009』(同)は第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。近著はスポーツナビでの連載をまとめた『J2&J3 フットボール漫遊記』(東邦出版)

スポナビDo

イベント・大会一覧