sportsnavi

ネイマールのレアル移籍は実現するのか
会見で見せた涙、PSGでの厳しい現状

トップ選手の地位を固めるため、PSG移籍を決断

トップ選手としての確固たる地位を固めるため、ネイマールはPSG移籍を決断した
トップ選手としての確固たる地位を固めるため、ネイマールはPSG移籍を決断した【Getty Images】

 何年も前からネイマールは、過去10数年にわたって世界最高の選手の座を争い続けてきた、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの間を取り持つ“仲裁人”のような役割を果たしてきた。


 ネイマールは2013年夏、レアル・マドリーとバルセロナが獲得合戦を繰り広げた末、バルセロナの新加入選手としてラ・リーガにやって来た。最終的にバルセロナが彼の獲得に成功したのは、若き日のネイマールがレアル・マドリーとの契約に至らなかった過去、代理人を務める父親や関連企業の介入が影響したことも事実だ。結果としてバルセロナのサンドロ・ロセイ前会長は脱税や詐欺の容疑で監獄に入れられ、他の役員たちも大きな影響を受けることになった。


 ネイマールが17年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したのは、選手として成熟し、トップエリートの地位を固めるためだ。世界最高の称号を争うライバルたちに対し、彼には若さという確固たる利点があった。そこでPSGの資金源であるカタールの王族たちは、ネイマールを獲得するとともに、彼を2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会の顔とすることを考えた。

カバーニとの一件に加え、監督との不仲説も浮上

カバーニとの一件に加え、ウナイ・エメリ監督との不仲説も浮上。順調だったシーズンに陰りが見え始めた
カバーニとの一件に加え、ウナイ・エメリ監督との不仲説も浮上。順調だったシーズンに陰りが見え始めた【Getty Images】

 ネイマールはPSGの誘いに魅力を感じた。まずフットボールの観点においては、メッシが彼の成長の妨げとなっていることは明らかだったからだ。所属するチームで一番ではないのに、世界ナンバーワンになれる選手などいない。彼と同じチームでプレーしている限り、世界最高の選手と評価されることは実質的に不可能だった。


 その点、PSGでは金銭面でもイメージ的にも、チームの頂点に立つことができる。それが世界的な評価を高めることになるだけでなく、トップレベルのスター選手たちをそろえたチームの中心として今まで以上にプレーを楽しみ、あらゆるタイトルを狙える可能性もあった。


 実際ネイマールは加入後すぐに際立ったパフォーマンスを発揮し、自身が大きなポテンシャルを秘めた“クラック(名選手)”であることを証明し始めた。


 だが、平静と勝利に満ちたシーズンになるという加入当初の期待感は、1つの出来事をきっかけに陰りを見せ始める。ネイマールとエディンソン・カバーニがPKのキッカーを取り合った一件である。この際、チームの大半は経験豊富なウルグアイ人FWを支持していた。


 さらにはネイマールとウナイ・エメリ監督の不仲説まで取り立たされるようになった。その後、ネイマールとカバーニの関係は修復されたと公表されているものの、もはやロッカールームからは加入当初のようにネイマールを歓迎する雰囲気は感じられなくなった。

セルヒオ・レビンスキー/Sergio Levinsky
セルヒオ・レビンスキー/Sergio Levinsky
アルゼンチン出身。1982年より記者として活動を始め、89年にブエノス・アイレス大学社会科学学部を卒業。99年には、バルセロナ大学でスポーツ社会学の博士号を取得した。著作に“El Negocio Del Futbol(フットボールビジネス)”、“Maradona - Rebelde Con Causa(マラドーナ、理由ある反抗)”、“El Deporte de Informar(情報伝達としてのスポーツ)”がある。ワールドカップは86年のメキシコ大会を皮切りに、以後すべての大会を取材。現在は、フリーのジャーナリストとして『スポーツナビ』のほか、独誌『キッカー』、アルゼンチン紙『ジョルナーダ』、デンマークのサッカー専門誌『ティップスブラーデット』、スウェーデン紙『アフトンブラーデット』、マドリーDPA(ドイツ通信社)、日本の『ワールドサッカーダイジェスト』などに寄稿

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント