トップ選手にあり、錦織に足りないモノ
頂点へ「今は我慢すべきタイミング」

錦織のなかにある「トップ選手の定義」

錦織圭のなかにある「トッププレーヤーにあるべきモノ」とは?
錦織圭のなかにある「トッププレーヤーにあるべきモノ」とは?【写真:ロイター/アフロ】

「トップ選手に値しないようなミスが、すごく多かった」


 今大会の錦織圭(日清食品)が口にした言葉で、最も印象に残ったのが、この一言だ。


 テニスの全仏オープン男子シングルス1回戦の対タナシ・コッキナキス(オーストラリア)戦後のこと。セットカウント3−1で勝利したものの、24本のアンフォースト・エラー(自ら犯したミス)をした自分を、彼は厳しく戒める。


「今日の反省点はいっぱいある。フリーポイントを相手にあげすぎた」


 目指す理想像を描き、そこに向けて自分を駆り立てるように、錦織はスタートを切っていた。


「トップ選手に値しない」との言葉は、彼のなかで、トップ選手の定義がかたまっていることを示しもする。


「トッププレーヤーにあるべきモノというのは、明らかにある」


 錦織はそう断言した。

「あるべきショットだったり、プレーの仕方だったり。特にトップ4にいる選手たちは、明らかに、していることが他の選手と違う」


 だからこそ錦織は、自身もそこに入っていくため「もう少し、磨きたいところがたくさんある」と、少しもどかしそうに言った。

第1セットは世界1位を圧倒したが……

マリーとの準々決勝、第1セットで見せた錦織のプレーには“トッププレーヤーにあるべきモノ”を手にしていた
マリーとの準々決勝、第1セットで見せた錦織のプレーには“トッププレーヤーにあるべきモノ”を手にしていた【写真:アフロ】

 ならば、準々決勝のアンディ・マリー(イギリス)戦は錦織にとって、相手が持つ「トップの資質」を見極め、自身もそれを獲得しにいく戦いだったかもしれない。


 マリーやノバク・ジョコビッチ(セルビア)のように守備が固く、ミスの少ない選手と戦う時、錦織は常に「攻めるべきか我慢すべきか、その見極めが重要」と繰り返してきた。そしてこの日のマリー戦で、錦織はその攻守/硬軟の完璧なまでの切り替えを、試合開始直後から示してみせる。


 鋭敏(えいびん)な適応性と調整力を発揮したのは、自身がサーブを打つ第2ゲーム。まずは早い段階で強打を放つも、それはラインを割っていく。続くポイントでは、長い打ち合いを嫌うようにマリーが放ったドロップショットがミスになった。その次の打ち合いでは、やや慎重になりすぎたか、先にマリーに仕掛けられて落とす。すると続く2ポイントは、いずれも先に仕掛け、打ち合いを支配しつつ、まずはフォアで、次はバックをストレートに叩き込み、2本連続で鮮やかなウイナーを奪った。最後はマリーが、またもドロップショットをミス。このゲームで積極性と忍耐のバランスを見極めたかのように、以降、錦織は多くの局面で世界1位を圧倒した。


 第1セットは、わずか33分で錦織が奪取。この時の彼は間違いなく、“トッププレーヤーにあるべきモノ”を手にしていた。

内田暁

テニス雑誌『スマッシュ』などのメディアに執筆するフリーライター。2006年頃からグランドスラム等の主要大会の取材を始め、08年デルレイビーチ国際選手権での錦織圭ツアー初優勝にも立ち合う。近著に、錦織圭の幼少期からの足跡を綴ったノンフィクション『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)や、アスリートの肉体及び精神の動きを神経科学(脳科学)の知見から解説する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)がある。京都在住。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント