トップ選手にあり、錦織に足りないモノ 頂点へ「今は我慢すべきタイミング」

内田暁

作戦を変えずプレーの質を上げたマリー

第2セット以降、戦術は変えずともプレーの質を上げたマリー 【写真:ロイター/アフロ】

 しかし第2セット以降はマリーが、錦織の言う「あるべきショットや、プレーの仕方」を見せつける。

「最初は僕のボールが浅く、圭にベースラインから自由にボールを打たせてしまった。そこで特に作戦を変えたわけではないが、ボールをクリーンに深く打つようにした。恐らく圭は、立ち上がりと同じようにショットを打とうとしただろう。だが僕のショットが深く鋭くなったために、打つ感覚が変わったんじゃないかな」

 マリーは、敢えて作戦を変えなかった。代わりにプレーの質を上げることで、錦織のプレーを揺さぶり崩すことを目指したのだ。

 そして確かに錦織は、「やるべきプレーがだんだんできなくなりはじめた」ことに圧力を覚え、焦りを感じるようになる。
「彼のレベルが着実に上がっていたので、自分が耐えきれなかったり、ちょっと無理をしてしまったり……」

 焦りの中でミスが重なり、主導権をマリーに奪われる。またマリーは第3セット以降、それまで50%台だったファーストサーブの成功率を70%台に引き上げてきた。

 錦織が「トップ4の選手は明らかに違う」と言及したのは、このような点なのだろう。

“目指す場所”へは近道もマジックも存在しない

錦織が目指すトップへの道筋には、近道もマジックもない 【写真:アフロ】

「相手も良くはなっていたが、どちらかというと、今日は自分に原因があったかもしれません」

 準々決勝後の錦織は、敗因をそう端的に総括する。
「一試合を通して、集中力が100%持続できていないのは事実。どの試合も波があるので、アンフォースト・エラーを減らしていければ」

 辛勝したチョン・ヒョン(韓国)との3回戦後には、そのような言葉も残していた。

 トッププレーヤーに必要なモノが何なのか、それは錦織に見えている。どうすれば獲得できるのか……その道筋も、おぼろげながら見えているのだろう。

「今は我慢すべきタイミングだったり、時間でもあるのだと思う。ひたむきに、練習なり試合なりをやっていくしかない。周りもしっかりサポートしてくれるので、自信を持ってやっていきたいです」

 目指す場所へと至る、近道もマジックも存在しない。

 勝利も敗北も含めたすべての経験を糧として、時を重ね、一歩ずつ歩みを進めていく。

2/2ページ

著者プロフィール

内田暁

テニス雑誌『スマッシュ』などのメディアに執筆するフリーライター。2006年頃からグランドスラム等の主要大会の取材を始め、08年デルレイビーチ国際選手権での錦織圭ツアー初優勝にも立ち合う。近著に、錦織圭の幼少期からの足跡を綴ったノンフィクション『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)や、アスリートの肉体及び精神の動きを神経科学(脳科学)の知見から解説する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)がある。京都在住。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント