現地記者が語る大谷翔平&山本由伸“両方獲り”の理由 ドジャースが求めた「結果だけではないもの」

丹羽政善

ドジャースは今オフ、大谷翔平を10年間7億ドルの超大型契約で獲得した 【Photo by Meg Oliphant/Getty Images】

 年が明けてから、米ケーブルテレビ局「ESPN」の電子版「ESPN.COM」でロサンゼルス・エリアの野球記者を務めるアルデン・ゴンザレスから連絡があった。

「大谷翔平と山本由伸。この二人と契約したことで、日本におけるドジャースの存在感はどうなっているのか?」

 取材の依頼だったが、こちらもドジャースが大谷、山本を同時補強した裏側を聞きたいと伝えると、相互取材という形になった。

 おそらく、ドジャースが日本での知名度を上げるために大谷、山本を必要としたかといえば、そうとはいえない。1995年に野茂英雄が移籍して以来、ダルビッシュ有(パドレス)、前田健太(タイガース)、黒田博樹ら多くの日本人選手がドジャースのユニホームに袖を通してきた。

 また、カーク・ギブソンがワールドシリーズで放ったサヨナラ本塁打、サンディ・コーファックスの完全試合を含む4年連続ノーヒットノーランなど偉業に彩られた様々な歴史はその都度、日本にも伝えられてきた。

 よって、ドジャースという名前は、メジャーリーグのチームの中でも、ヤンキース、マリナーズと並んで日本人ファンにとって身近な存在であり続けてきたのである。恩恵という言葉を使うなら、エンゼルスの方がよりそれを受けてきたのではないか。

大谷からのプレッシャーと新たな視点

 そんな会話を一通り交わした後、まずは、大谷の7億ドルという契約総額について、率直にどう思ったか聞いてみると、「正直に言って驚いた」とゴンザレス記者は即答した。

「なぜなら昨年のシーズン前、自分も含めて多くの人が、(契約総額は)5億ドルぐらいじゃないかと予想していた。それでも信じられないような額だった」

 昨年は、前半の時点でMVP(最優秀選手)間違いなしと言われるほど。5億ドルの契約が現実味を増したが、8月に入って右肘の靭帯を損傷。9月に入ってメスをいれると、価値が下がるとの見方もあった。

 ゴンザレス記者も「(5億ドルは)難しいかと思われた」と予想したそうだが、結局は7億ドルで決着。しかも、ジャイアンツも同額でオファーをしている。

「驚かない人はいないと思う」

 その後、ドジャースは山本と12年総額3億2500万ドルで契約。これにもまた驚かされた。ゴンザレス記者も否定しなかった。

「ドジャースは資金力があると評判だった。ただ彼らは、これまで巨額契約を避けてきた。なぜか投資に消極的で、アンドリュー・フリードマン編成本部長は批判にもさらされていた。彼は9桁の契約をほとんどしないから」

 その理由について、かつてフリードマン編成本部長はこう話したことがある。

「FA(フリーエージェント)市場で合理的な考えに徹すれば、常に3番目にしかなれない」

 契約年数をあと1年加える。あとわずか年俸を上積みする。そうすれば契約できたかもしれないが、上限に厳格なラインを引き、合理的かどうかで最終判断。フリードマン編成本部長は、ドジャースのGMになってからその考えを貫いてきた。

 ただ、結果としてFA(フリーエージェント)だったブライス・ハーパー(フィリーズ)、ゲリット・コール(ヤンキース)を逃し、自分のチームからFAとなったコーリー・シーガー(レンジャーズ)、トレイ・ターナー(フィリーズ)との再契約にも失敗。

 最後の3球団には残れるが、自らが定めたルールに縛られ、最後のひと押しを欠く。それでも勝ってきたのでファンの不満は抑えられていたが、プレーオフでは勝ちきれず、合理的な戦略にも限界が見えていた。

「二人が加わったからといって勝てる保証はないけれど、彼らはチームをもう一つ上に引き上げてれくれると期待している」

 彼らとの契約には、そんな含みがあるよう。もっともゴンザレス記者は山本の契約に関して、“大谷からのプレッシャー”という捉え方もしていた。

「大谷の契約の大半が後払いになったことで、ドジャースに好選手を獲得するようプレッシャーを掛けたことにもなった。それによってドジャースは山本のような好選手の獲得をしなければならないという状況にもなっていた」

 後払い契約によって資金に余裕ができたというより、「分かってるよね」という大谷からの無言の圧力が、さらなる大型契約を迫った、ということか。

 もっとも、ドジャースは過去11年で、10シーズンも地区優勝しており、11年連続でプレーオフに出場中。昨年は、苦戦を予想する声もあったが、結局は100勝を挙げた。ということは、彼らは必ずしも、勝つために大谷、山本に10億ドルを超える投資をする必要はなかったのではないか。

 ゴンザレス記者も、「そうかも知れない」と同意しつつ、続けた。

「結果だけではないものを、(ドジャースは)彼らに求めている。(昨季の)ドジャースは世代交代のタイミングを迎えていた。それでも彼らが勝てたのは、層の厚さがあってこそだが、翔平らの獲得は勝つこと以上のところにあり、ビジネスの拡大も視野にある。市場を日本にも拡大することで、さらなるリターンが期待できる。それくらい彼らには人気があるから、勝つことだけではなく、その先にあるものをドジャースは大谷と山本の契約に見出したのではないか」

 その視点が、彼自身の企画に繋がっているようだ。

1/2ページ

著者プロフィール

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米。インディアナ州立大学スポーツマネージメント学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行う。3月24日、日本経済新聞出版社より、「イチロー・フィールド」(野球を超えた人生哲学)を上梓する。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

コラムランキング

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント