Bリーグ2021-22CS特集

ハナコ・岡部大が独断で選ぶ“Bリーグシーズンベスト5” 6thマンに選んだのは「お祭り男」

アプリ限定

岡部さんが今シーズンのベスト5を選んでくれた 【バスケットボールキング編集部】

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大さんは秋田県出身で、小学校から高校までバスケットボールを続けてきた。高校時代に田口成浩(秋田ノーザンハピネッツ)と対戦経験があり、現在は富樫勇樹(千葉ジェッツ)などといったBリーガーとも交流があるという。今回はそんな岡部さんへのインタビューが実現。後編では岡部さん独自のBリーグ2021-22シーズンベスト5を選出してもらい、選手について語ってもらった。
――岡部さん独断のシーズンベスト5を選んでいただきたいと思います。

岡部 パッと思い浮かんだのは藤井(祐眞/川崎ブレイブサンダース)選手と安藤(誓哉/島根スサノオマジック)選手の2人。藤井選手はもともと兼ね備えていた得点力がさらに爆発したなと。自分がチームのために点を取るんだというか、試合を決めてやるんだという気持ちが伝わってきました。ディフェンスで体を張ったり、リバウンドからの速攻で先頭を走ったりするイメージでしたけど、いい意味でエゴな部分が出て、それがチームのためにつながっていると感じました。安藤選手に関しては移籍して、より自由でのびのびとしたプレーを見せていました。

――藤井選手は篠山竜青選手に代わって先発ポイントガードとして試合に出場するようになりましたね。

岡部 今シーズンは「藤井選手、すごいな〜」と感じる場面が何度もありました。クラッチタイムでしっかり活躍していたのが印象的で、ファウルを受けながらシュートを決め、コートに倒れ込む場面もよく見ましたね。キャプテンという責任感も増し、「チームを引っ張るんだ」という気概もひしひしと感じました。

藤井はアグレッシブなプレーでチームを盛り立てた 【(C)B.LEAGUE】

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

『バスケットボールキング』編集部

日本バスケを盛り上げよう! 2016年に生まれたプロバスケットボールリーグ、「Bリーグ」と時を同じくして立ち上がった、日本バスケの魅力を伝えるバスケットボール専門サイト。男女日本代表、NBA、高校バスケもアツくフォローしています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント