B MY HERO!特派員がいく

【Bリーグ観戦記】今日も同志と“あーだこーだ!” だからバスケ観戦は面白い!!

  Bリーグ応援番組「B MY HERO!」では、Bリーグをより多くの方に知っていただこうと特派員を派遣することになった。Bリーグの楽しみ方を知るさまざまな分野の人たちが、推しクラブの模様やゲームの演出などをレポート! あなたがまだ知らないかもしれないBリーグの一面をお伝えする。今回は中崎絵梨奈さん再登場! 「一人観戦」ができるようになった中崎さんのアリーナでの楽しみ方を伝授してもらう。

今では一人観戦が基本。カフェに行く感覚でふらっと会場へ

今日も中崎絵梨奈さんが会場にふらっと1人で観戦に訪れているかも?(写真はイメージです) 【(c)B.LEAGUE】

 私のバスケ観戦デビューから今、4年がたった。

 時間さえ合えば近くでやっている試合を探して会場へ向かうのが私のバスケライフの楽しみの一つ。前々から「このゲームは絶対!」と決めているものもあれば、気分でふらっと行くことも多いので感覚的にはカフェと同じだ。

「週末は友達とこのカフェに行くのを楽しみにしてるんです」「少し時間が空いたからスタバに行こうかな」のテンションと私の観戦スタイルはほとんど同じ。逆に言えば、バスケ観戦はカフェに行くのと同じくらいふらっと行ける場所でもあるのだ。

 一人が好きで、観戦も基本は一人で行くことが多い(なんせ観戦しながらメモを取ったり、同じ時間帯にやっている他の試合をタイムアウト中にバスケットLIVEで視聴しているから一人だと気をつかわずに済むというのも理由のひとつ)。

 今では一人観戦がベースになりつつあるけれど、初観戦は元マネージャーさんと。マネージャーさんとあれはなんだ、これはなんだ、あれは誰なんだとぶつぶつ話しながらの観戦で、知らないことを吸収していく。それがとても楽しかった。今でもそれは変わらず、誰かとの観戦も一人とは違う楽しみがあってどちらのスタイルも「楽しい」は決して変わらない。選手やHCの戦い方や、チームの雰囲気へのあーだこーだの会話は増えたけど。

同志たちの会話に耳を澄ませ、関連情報をどんどん吸収

ファンの中に紛れて試合を見ることが定番になりつつある(写真はこちらもイメージ) 【(c)B.LEAGUE】

 それはさておき、観戦していると聞き耳を立てずとも聞こえてくるのが周りの声。会場の座席は映画館並に、場所によっては映画館よりも隣の席との距離が近いこともある。そしてもっと近いのは前後の席。いくら試合に集中していても周りの会話とあーだこーだが勝手に耳から潜入してきて、脳をおちょくる。でもそれも嫌いじゃない。バスケをあまり知らなくても、どんなきっかけでも時間を割いて会場へ足を運んで、今ここでバスケをみている。その事実がとてもうれしいので、私は勝手に会場にいる人たちを「同志」と呼んでいる。

 同志たちは私を含め、多種多様で、好き勝手である。

「あの人なんていうの?」
「どうして今笛が鳴ったの?」
「選手って何回でも交代できるの?」
「今のはファウルだろ〜」
「あのステップやばくね?」
「バッシュかわいい〜」
「このちまきおいしい!」

「わかる!!」から「そんなところ見てるの⁉」までさまざま。さらにはバスケとの関わりや関係性もほんのり匂ってくる。これがまた面白い。この人はバスケよく見てるんだろうな。連れてこられて今日が初観戦かな。バスケ経験者か。選手の友達か。関係者か。なんてのもすぐにわかってしまう。

 そんな多種多様で個性的な同志たち。面白いだけでは留まらないのが生観戦のいいところなのである。

 周りにいる同志たちこそバスケを楽しくさせてくれる情報源の一つなのだ。

 まずはその日、自分の周りの同志の状況を知る。バスケに詳しい人なのか、あまり知らない人なのか、子どもなのか、大人なのかも大事だ。そしてそれは誰であろうといつでも大正解なのである。

 バスケに詳しそうな人からは、試合中ちょっとコアな言葉が聞こえてくる。ステップやドリブルのスキル、セットプレイ、戦い方、知らない! と思ったことは、すかさずメモる。プチ情報やたまに選手やチームのレアな情報が手に入ることもある。

 バスケをあまり知らない人はバスケをよく見る人と一緒に見ていることが多い。そんな人たちからは、ルールや選手の情報が再確認できてありがたい。あと、ラッキーな時はちょっとしたうんちくも聞ける場合もある。

1/2ページ

著者プロフィール

中崎絵梨奈(B MY HERO!特派員)

1993年6月8日、福岡県出身。 2013年6月にavexとCanCamで開催された「全国ぷに子オーディション」で約3,500名の中から選ばれChubbiness(チャビネス)のメンバーとなる。楽曲プロデュースは古坂大魔王が行い、ピコ太郎の姉妹ユニットとして2013年から2019年まで活動。その後はソロとして女優・グラビアでの活動をスタート。 2020年放送「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系)にて住田スマイル役を好演。同年にdTV「快感インストール」、2021年9月には映画「クロガラス0」へ出演。 2021年にバスケットボール雑誌「ダブドリ」のダブドリウェブ初代「ダブドリガール」に就任し、選手への取材をしたりクラッチタイムカンファレンスでMCを務めるなどバスケ好き女優としても活躍中。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント