B MY HERO!特派員がいく

とどろきに来たら“ブレサン沼”にはまる? ファミリーに川崎の魅力をきいてみた

堀江聖夏(B MY HERO!特派員)

“ブレサン沼”にハマってしまったというご家族とハイ、チーズ。好きになったきっかけは篠山竜青選手のファンサービスだったそうです。 【バスケットボールキング編集部】

 Bリーグ応援番組「B MY HERO!」では、Bリーグをより多くの方に知っていただこうと特派員を派遣することになった。Bリーグの楽しみ方を知るさまざまな分野の人たちが、“推しクラブ”の模様やゲームの演出などをレポート! あなたがまだ知らないかもしれないBリーグの一面をお伝えする。今回は川崎ブレイブサンダースを熱烈に応援するご家族に堀江聖夏さんが直撃インタビュー! 堀江さん直筆のイラスト付き写真を添えて、川崎の魅力を紹介してくれた。

ブレサンを応援するご家族にインタビューしました!

 私は川崎ブレイブサンダースと携わり、ファミリーと出会い、一緒に「応援」することの楽しさを教えてもらいました。

 改めて「応援」することは、思いやりの心を持って相手の苦しみを分かち合うことであり、それが自分の成長にもつながるのだと思います。川崎ブレイブサンダースは一時だけではない時間をプレゼントしてくれました。だから私はアシスタントMCを卒業した今でも、成長を共にしたファミリーと“ファミリー”なんだと思います(えへへ)。

 今回は、私が「将来こうなりたい」と思う川崎ブレイブサンダースを応援するご家族にインタビューをしてきました♪

――いつから川崎ブレイブサンダースを応援していますか?

 2015年から川崎を応援しています。職場の福利厚生で川崎のチケットが安く手に入るから行ってみようかという軽いノリで行ったら、1回で“沼”にハマりました!

――どのくらいの頻度で応援に行かれてますか?

 初年度の最初の方ははまちまちでしたが、そこからは皆勤賞です。

――そのきっかけはなんですか?

 バスケをやっていたわけでもなく、ルールも知らないまま見に行ったのに、篠山選手のプレーに心奪われ、篠山選手は視野が広いのでどこにいても“ファンサ”(ファンサービス)をしてくれるので、そこでも心奪われ、奪われすぎてもう何も残ってないよ! ってくらいチームを含め、大好きになりました!

――毎試合、ご家族で応援に来られていると思うのですが、お子さんはバスケは好きになりましたか?

 子どもがおなかの中にいた時から川崎のリズムで育ってきたのでもちろん大好きです! 週末は川崎ブレイブサンダースの応援に行くものだと思っているので、明日はとどろきだよね? と聞いてきます。

――やはりおうちでも“川崎ブレイブサンダース愛”で溢(あふ)れていますか?

 川崎ブレイブサンダース専用のスペースもあり、夫の部屋はブレイブレッドの壁一面、篠山さんのユニフォームで埋め尽くされてます。

 アウェー観戦に行けない時にはお庭にテレビを出して青空応援したり、暗い部屋で、プロジェクターで見たり、いろいろな形で応援を楽しんでます。

――川崎ブレイブサンダースの試合をまだ見たことがない方に、魅力を一言で伝えるとしたら?

 来たら絶対川崎の沼にはまるよ!

――川崎ブレイブサンダースの選手と1日遊べるとしたらどんなことをしたいですか?

 ディズニーに行って、カチューシャをつけながら乗り物に乗って、一日中笑いたい! あとは川崎のゲームセンターでUFOキャッチャーを選手と一緒に捕りまくりたい!

――最後に川崎のここが最高!というところを教えてください

 ファミリーの方がみんな優しくて最高だと思います! とどろき全体が優しさで溢(あふ)れてる!

――(おまけ質問)夫婦円満の秘訣(ひけつ)もやはり川崎ブレイブサンダースですか?

 本当にその通り! 同じ趣味だから話をしていてとっても楽しい!

 お互いイライラしててもとどろきに着いたら忘れちゃうくらい、夫婦にとって欠かせない存在です。

――インタビューにお答えいただきましてありがとうございました! これからも選手のことも、ファミリーの皆様のことも「応援」しています♪


構成/バスケットボールキング編集部
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

堀江聖夏(B MY HERO!特派員)

B.LEAGUE 2018-19 シーズンから約3年間、とどろきアリーナで行われる川崎ブレイブサンダースのホームゲームでアシスタントMCを担当。“ほりえってぃ”とう愛称で、多くのサンダースファミリーから親しまれていた存在だった。趣味は舞台鑑賞のほか、10秒で似顔絵を描くことなど。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント