F1 2022年シーズン開幕特集

F1主要4メディアが今季チャンピオンを予想 本命フェルスタッペン、対抗はフェラーリの二人か

スポーツナビ
 車体、タイヤの技術規約が大きく変わり、開幕前テストに登場した10チームのニューマシンはいずれも、事前予想をはるかに超える個性的なデザインぞろいだった。しかもそれぞれが、充分な速さを秘めているように見える。去年はマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンが、最終戦最終周までF1史に残る激戦を繰り広げた。しかし、全10チームの戦闘力がいっそう拮抗している気配が漂う今季は、彼ら2強だけが優勝を争うシーズンにはならないかもしれない。果たして新たなチャンピオン誕生の年となるだろうか。日本国内へF1情報を伝える主要4メディアに、それぞれの見解を聞いた。

チャンピオン候補はずばり“この4人”

昨シーズン、自身初の世界チャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペンを今季王者の本命に推す声が多い 【Red Bull Content Pool】

TOPNEWS

 ハミルトンは引退するまで誰も倒せないのではないか、と思わせるほどの強さで時代を牽引してきたが、フェルスタッペンが最終戦の最終ラップにタイトルをもぎ取り、新時代の幕開けを宣言した。

 新F1王者誕生から約2カ月後、新世代F1マシンで行われたテストでは、予想どおり誰も本当の速さを見せることはなかった。レギュレーションが大幅に変わった今年は全員にチャンスがあるとも言えるが、ドライバーに求められるのは速さと安定性だ。

 これらの観点から考え、2022年のチャンピオン候補を4人に絞った。24歳の新王者フェルスタッペン、37歳になっても高いモチベーションを維持しているハミルトン、この二人は外せない。ダークホースは、テストで安定した速さを見せていたフェラーリの二人、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツを挙げたい。

 では、今年のチャンピオンの称号を手にするのは誰か。7冠のハミルトンがテストで速さを隠すのはいつものことで、必ずやチャンピオン争いに絡んでくるだろう。ルクレールとサインツは何度か勝つ可能性を秘めている。だが、勢いに乗っている新世代のF1王者フェルスタッペンに今年も賭けてみたい。

フェルスタッペン連覇か 大穴にベッテル!?

モータースポーツ.com日本版

 2回目のテストが終わり、ひとつ見えてきたのはレッドブルがやはり速そうだということだろう。

 レッドブルはバーレーンテスト最終日に、アップデートされたサイドポンツーンを投入。最速タイムとなる1分31秒720をマックス・フェルスタッペンが記録している。フェルスタッペンはこの日、徹底的にロングランも行なった。その際、C3タイヤやC2タイヤを履き、1分37秒台のラップタイムを連続して計測している。このペースは、他のマシンのロングランが1分40秒台〜41秒台だったことを考えれば、非常に速かった。デグラデーションも実に小さい。

 現時点ではレッドブルのフェルスタッペンが、チャンピオン最有力候補と言えるのではないだろうか。

 フェラーリも速く、しかもトラブルフリーで周回数も重ねていたことから、候補の一角と見ていいだろう。そしてマクラーレンも、テスト終盤に短いながらも、ランド・ノリスがまずまずのペースでロングランを行なっていた。ブレーキのトラブルさえ解消されれば、上位争いに食い込んできても不思議はない。

 大穴として名を挙げておきたいのが、アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルだ。ベッテルもテスト終盤、短めながらも連続周回を敢行。これが、レッドブルに匹敵するペースだった。周回数が短かったため鵜呑みにはできないが、アッと驚かせられるようなシーンがあっても不思議ではない。

 ところでメルセデス勢は、ロングランのペースもあまり優れなかったというのが実際の印象。現時点では苦労しているかもしれない。とはいえ、開幕までには立て直してくるようにも思えるが……どうだろうか?

1/2ページ

著者プロフィール

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント