連載:ファン&解説者が予想! 2022年のプロ野球

鳥谷敬が2022年パ・リーグ順位予想 「又吉克樹の加入がソフトバンクの強みに」

大利実

中日からFA移籍したソフトバンク・又吉克樹。鳥谷は「この投手の加入は非常に大きい」と見ている 【写真は共同】

 ルーキーイヤーの2004年途中から阪神不動の遊撃手として、攻守に渡ってチームに貢献。20年にロッテに移籍し、翌21年に18年間の現役生活にピリオドを打った、稀代の名手・鳥谷敬氏。今季から野球解説者として活動する鳥谷氏が、現時点でのパ・リーグの順位予想と各チームのキープレイヤーをピックアップして紹介する。

選手層が強みのソフトバンク

――セ・リーグに続いて、パ・リーグの展望とキープレイヤーについて聞かせてください。

鳥谷 現時点で、パ・リーグは1位ソフトバンク、2位ロッテ、3位オリックス、4位楽天、5位西武、6位日本ハムの順で予想しています。

――昨季は4位に終わったソフトバンクを優勝と予想。決め手はどこになりますか。

鳥谷 選手層の厚さ、特にリリーフ陣の厚さが決め手です。セ・リーグのときにもお話しましたが、延長12回制に戻ることによって、昨年以上にリリーフの消耗度が激しくなり、1年間戦い抜くだけの枚数が必要になってきます。昨季は、モイネロ投手がキューバ代表、森唯斗投手がケガで離脱し、リリーフに不安を感じながらの継投でしたが、今年は2人ともに戻ってくるはずです。

 さらに大きいのは、中日からFA移籍で加入した又吉克樹投手の存在です。力で圧倒するタイプではないですが、出し入れを上手く使って器用に打ち取る術があり、イニングまたぎにも対応できる。こういうピッチャーがいてくれると、ベンチとしては非常に心強く感じます。

――野手陣はどう見ていますか。

鳥谷 グラシアル選手が戻ってくるのは、かなり大きいですね。昨季は5月にケガをしてしまい、登録抹消。打線全体を考えたときに、大きな痛手となりました。グラシアル選手が三番や四番に座ることで、その前後を打つ柳田悠岐選手や栗原陵矢選手の存在感がより増していくのは間違いありません。

――ソフトバンクのキープレイヤーは誰になりますか?

鳥谷 ここは大学のひとつ先輩である和田毅さんの名前を挙げたいと思います。年齢を考えると、1年間ローテーションを守るのは難しいと思います。和田さんに求められるのは、チームが苦しいときに力を与えるピッチングです。若いピッチャーが多い中で、42歳になる和田さんが懸命に投げる姿は、チームに好影響をもたらすと思います。

連覇のカギを握る吉田正尚

昨季は打率.339で首位打者のタイトルを獲得したオリックス・吉田正尚。鳥谷が「日本球界で今、最も優れた打撃技術を持つ選手」と絶賛する 【写真は共同】

――2位予想は古巣のロッテですね。

鳥谷 攻撃力の差、リリーフ陣の層の厚さを考えると、現時点ではロッテよりソフトバンクのほうが上に来るかなと予想しています。

――ロッテのキープレイヤーは誰になりますか?

鳥谷 佐々木朗希投手です。1年間、ローテーションの軸として回ってくれれば、後ろのピッチャーの負担を減らすことができます。延長12回制であることを考えると、リリーフ陣の負担を少しでも減らすことが、後半戦の勝負所での勝敗に関わってくると思います。

――3位はオリックス。連覇は難しいですか?

鳥谷 ソフトバンク、ロッテに比べると、リリーフ陣の層に不安があります。平野佳寿投手、能見篤史投手、吉田凌投手、さらに外国人投手が担うことになると思いますが、1年間同じメンバーで戦い抜くのは非常に難しいことです。誰かがケガや疲労で離脱したときに、カバーできるピッチャーがどれだけいるか。

――キープレイヤーは誰になりますか?

鳥谷 吉田正尚選手です。三番に座ることで、バッテリーからすると前後のバッターの攻め方が変わってきます。それだけ、吉田選手の存在は大きい。昨季後半、ケガで抜けたときがありましたが、チーム全体の攻撃力が一気に落ちてしまいました。つなぎ役の選手をメインに据えるなど、打順を変えざるをえない。確実に3割を打つことができる高い打撃技術を持っているので、シーズン通してケガなく出場することが、連覇のカギを握っています。

1/2ページ

著者プロフィール

大利実

1977年生まれ、横浜市出身。大学卒業後、スポーツライター事務所を経て独立。中学軟式野球、高校野球を中心に取材・執筆。著書に『激戦 神奈川高校野球 新時代を戦う監督たち』(インプレス)、『高校野球継投論』(竹書房)、『高校野球界の監督がここまで明かす! 打撃技術の極意』(カンゼン)、『部活はそんなに悪者なのか!? 脱ブラック部活! 現役教師の挑戦』(インプレス)などがある。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント