連載:ファン&解説者が予想! 2022年のプロ野球

鳥谷敬が2022年セ・リーグ順位予想 「巨人V奪還のキーは2番・吉川尚輝」

大利実

鳥谷が巨人のキープレイヤーに挙げた吉川尚輝。昨季は規定打席には届かなかったものの、打率.272、5本塁打、25打点、7盗塁をマーク 【写真は共同】

 ルーキーイヤーの2004年途中から阪神不動の遊撃手として、攻守に渡ってチームに貢献。20年にロッテに移籍し、翌21年に18年間の現役生活にピリオドを打った、稀代の名手・鳥谷敬氏。今季から野球解説者として活動する鳥谷氏が、現時点でのセ・リーグの順位予想と各チームのキープレイヤーをピックアップして紹介する。

野手陣充実の巨人が優勝の大本命か

――今季が「評論家デビュー」となる鳥谷さんに、セ・パの順位予想と各球団のキープレイヤーを伺いたいと思います。まずは、セ・リーグからお願いします。

鳥谷 新外国人選手の状況もまだわからない、現時点での予想になりますが、セ・リーグは1位巨人、2位阪神、3位ヤクルト、4位DeNA、5位中日、6位広島と予想しています。

――古巣・阪神ではなく、巨人が1位の予想ですね。

鳥谷 丸佳浩選手、坂本勇人選手、岡本和真選手、吉川尚輝選手ら、野手陣の充実が大きいと感じます。昨年8月に加入した中田翔選手がスタートからいることで、中島宏之選手含め、ファーストのレギュラー争いも熾烈になり、1年間戦う中での相乗効果も生まれてくるのではないでしょうか。

――キープレイヤーを挙げるとしたら誰になりますか?

鳥谷 野手であれば、吉川選手です。打線のつながり、守備の連携を考えると、「二番打者」と「セカンド」は非常に大きなウエイトを占め、吉川選手が年間を通して結果を残してくれれば、得点力も守備力も上がるはずです。

――投手陣は誰になりますか?

鳥谷 昨季、6勝7敗に終わったエース・菅野智之投手の状態がどこまで戻ってくるか。ファームで投げている試合も見ましたが、本来のピッチングではありませんでした。それでも、結果が出なかった翌年に、疲労が取れたことで状態が上がってくる例もあります。菅野投手が本調子に戻れば、中継ぎ以降のピッチャーの負担を減らすこともできるはず。さらに、昨季初の二桁勝利を挙げた高橋優貴投手や戸郷翔征投手を中心に、伸び盛りの若手が控えています。チームとしても、CSで敗れた悔しさもあるでしょうし、優勝に対する強い気持ちがあるはずです。

スアレスの穴が大きい阪神

鳥谷が巨人の投手陣のキープレイヤーに挙げた菅野智之。昨季は規定投球回未到達で、6勝7敗、防御率3.19と不本意な成績だった 【写真は共同】

――2位予想が阪神ですね。

鳥谷 気持ちとしては、阪神を1位にしたかったんですけど……。抑えのスアレス投手が抜けた穴が非常に大きい。しかも、今年は9回打ち切りではなく、延長12回まで行われることが決まっています。昨年以上に、後ろで投げるピッチャーの重要性が増す中で、絶対的なクローザーが抜けたことはかなりの痛手です。

――なるほど、延長12回制になることで戦い方も変わってくるわけですね。阪神のキープレイヤーは誰になりますか?

鳥谷 スアレス投手の穴を完全に埋めるのは難しいので、野手の得点力に期待します。そう考えると、2年目を迎える佐藤輝明選手ですね。バッティングに注目するのはもちろんですが、カギを握るのが守備位置です。サードで固定できれば、大山悠輔選手や糸井嘉男選手の起用の幅が広がり、さまざまなバリエーションで打線を組むことができます。佐藤選手の状態が上がらずに、試合に出たり出なかったりとなると、ほかの選手の使い方にまで影響が及ぶことになってしまいます。

1/2ページ

著者プロフィール

大利実

1977年生まれ、横浜市出身。大学卒業後、スポーツライター事務所を経て独立。中学軟式野球、高校野球を中心に取材・執筆。著書に『激戦 神奈川高校野球 新時代を戦う監督たち』(インプレス)、『高校野球継投論』(竹書房)、『高校野球界の監督がここまで明かす! 打撃技術の極意』(カンゼン)、『部活はそんなに悪者なのか!? 脱ブラック部活! 現役教師の挑戦』(インプレス)などがある。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント