IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブンデスリーガ特集2020-21
海外初挑戦の室屋成が語る胸の内
ブンデスよりも「Jリーグの方が戦術的」
海外初挑戦となる室屋成に、その胸の内を語ってもらった
海外初挑戦となる室屋成に、その胸の内を語ってもらった【写真提供:UDN SPORTS】

 2020年9月19日。2季連続で1部昇格を目指すハノーファー96は、ホームのHDIアレーナでカールスルーエSCとのドイツ・ブンデスリーガ2部開幕戦に臨んでいた。


 昨季のハノーファーはスタートダッシュに失敗し、監督交代も相まって中盤以降は勝ち星を積み重ねたものの、1部へ自動昇格できる2位以内に入れずに仕切り直しを強いられた。ここ20年間でブンデスリーガ1部在籍16シーズンを誇る名門クラブとしては、今季の1部昇格は至上命題になる。そんな究極のタスクを科せられるチームで、今季新加入の室屋成はスタメンフル出場を果たした。まるで何年もこのクラブに在籍しているかのように淡々とプレーしていた彼はしかし、その胸の内でいくつかの葛藤があったという。

室屋が考える、ブンデスとJリーグの違い

「まだまだドイツのサッカーに慣れる必要があるなと感じました。試合は自分たちのペースでうまく進んで、相手のミスから得点も取れて、僕自身もブンデスリーガのデビュー戦で勝てて良かったと思っています。でも、まだまだ自分自身の中では課題があって、適応しなければならない部分がたくさんあるなというのが率直な感想ですね」


 カールスルーエ戦での室屋は試合開始から3-4-3システムの右サイドアタッカーを務めたが、試合中のシステム変更で4バックの右サイドバックへと役割が変わった。室屋はJリーグのFC東京や各年代の代表カテゴリーでサイドアタッカー、またはサイドバックと多岐に渡るポジションでプレーしてきたため、現チームで与えられるタスクもスムーズにこなせる。しかし、日本からドイツへ渡ったばかりの今は、この環境へそれなりの順応が必要だとも認識している。


「僕はこれまで長い間Jリーグでプレーしていて、今回初めて違う国でプレーすることになったんですけども、このブンデスリーガでは戦術やプレーの仕方が少し違うと感じています。僕の印象ではJリーグの方が戦術的で、ポゼッション志向で、周りにたくさんのサポートがいる状況が多い。一方で、ドイツでは周囲との距離が遠くて、ロングボールなども多用される。選手との距離が遠い分、スピード感があって、特に前に入るスピードが速い印象を受けました」


 これまで幾多の日本人選手がドイツ・ブンデスリーガでプレーし、そのファーストインパクトを体感してきた。ハイフィジカル、ハイスピード、個人勝負など、各種ファクターの捉え方はさまざまだが、今の室屋はブンデスリーガのプレー傾向を前向きに受け止めようとしている。


「ドイツで戦う覚悟というのは特に抱いていないですけども、自分の中では『なんでサポートがないんだ』と感じるよりも、この状況を受け入れなければならないと思っています。この国のサッカーに適応しなければならない。それが大前提で、その点では、まだまだそのようなシチュエーションでボールを失ってしまうところがあるんですよね。ただ、そこは時間と経験、試合を重ねる毎に良くなっていくのかなとは感じています」


 アグレッシブなスタイルを掲げるハノーファーのサッカースタイルの中で、サイドエリアのポジションを任される室屋にも積極的なプレー関与が求められている。


「基本的に、今の自分たちのやり方は前からプレスを掛けていくものなんです。だからサイドバックでもチャンスがあれば相手サイドバックにプレスを掛けに行くくらいの距離感、積極性を求められます。そこでは単純に1対1の場面、球際での攻防が生まれるシチュエーションが多いので、その強度は求められますよね」


 新型コロナウイルスという未知なる脅威が襲った2020年は、全世界の歴史に刻まれる重要な年度になるだろう。サッカー界も当然さまざまなダメージを受け、今でもその対処に追われている。そんな異質なシーズンの最中に、室屋は日本からドイツへの旅立ちを決めた。

「ひとりのサッカー選手としてだけでなく……」

FC東京は「本当に素晴らしいクラブ」と何度も口にしていた室屋。心残りはタイトルを獲得できなかった事だと言うが、近い将来タイトルをつかみとれると語った
FC東京は「本当に素晴らしいクラブ」と何度も口にしていた室屋。心残りはタイトルを獲得できなかった事だと言うが、近い将来タイトルをつかみとれると語った【Getty Images】

 室屋にとって、2016年2月に在学のまま明治大学サッカー部を退部して加入したFC東京での約4年半はかけがえのない時間だった。


「FC東京は本当に素晴らしいクラブで、選手のことを思ってくれるチームだと思っています。自分自身、東京という街で、充実したサッカー環境の中で生活が送れて、文句など何一つないチームで長い間プレーできたことは、とても幸せでした。ただ、自身がFC東京に在籍している間にタイトルを獲れなかったという悔しい思いもあります。それでもFC東京は今も次々に若い選手が台頭していて、その強さをキープできていますから、近い将来に必ずタイトルをつかみ獲れると思っています」


 FC東京からハノーファーへの移籍を決断した動機には、室屋自身の考えが投影されている。


「単純に海外で生活してみたい思いがありました。長いこと日本でプレーしていた中で、実際にハノーファーからオファーが来たときに、ひとりのサッカー選手としてだけではなくて、人間としても海外で暮らすことの有意義さを感じたんです。異国に行ってさまざまな文化や言語に触れる機会というのは、普通に働いていたらなかなか得られない。サッカー選手でもそのようなチャンスを得る機会は少ないわけで、実際にオファーが来たときに『行きたいな』と感じたんです。だから、迷うことなく決断をしましたね」

島崎英純

1970年生まれ。東京都出身。2001年7月から06年7月までサッカー専門誌『週刊サッカーダイジェスト』編集部に勤務し、5年間、浦和レッズ担当記者を務めた。06年8月よりフリーライターとして活動。現在は浦和レッズ、日本代表を中心に取材活動を行っている。近著に『浦和再生』(講談社刊)。また、浦和OBの福田正博氏とともにウェブマガジン『浦研プラス』(http://www.targma.jp/urakenplus/)を配信。ほぼ毎日、浦和レッズ関連の情報やチーム分析、動画、選手コラムなどの原稿を更新中。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント