IDでもっと便利に新規取得

ログイン

我那覇和樹を襲った冤罪事件から13年
いまも変わらぬ川崎フロンターレへの思い

アプリ限定

サッカー人生を変えたドーピング冤罪事件。これまであまり語ってこなかった当時の心境について話してくれた
サッカー人生を変えたドーピング冤罪事件。これまであまり語ってこなかった当時の心境について話してくれた【(C)J.LEAGUE】

 2006年、26歳の我那覇和樹はサッカー選手として絶頂期にあった。


 リーグ戦を2位で終えた川崎フロンターレのFW陣をエースのジュニーニョとともに引っ張り、シーズン18ゴール。これはサンフレッチェ広島の佐藤寿人(当時)と並ぶ日本人最多の得点数だった。ドイツ・ワールドカップ後に発足した日本代表“オシムジャパン”でも、初陣となった旧国立競技場でのトリニダード・トバゴ戦にスタメン出場するなど6試合で3ゴールを挙げていた。


 状況が一変したのは、翌年4月。事件は、J1第7節の浦和レッズ戦で川崎が前年度王者を相手に我那覇の先制ゴールなどで2-1と勝利した数日後に起きた。我那覇が疲労回復のために受けた静脈注射(点滴)が、スポーツ紙の誤報から誤解を招き、ドーピング(禁止薬物使用)規定違反とみなされてしまったのだ。


 日頃からドーピングに気をつけていた我那覇にとっては寝耳に水のことだった。だが、Jリーグのずさんな調査に翻弄され、裁定はスイスにあるスポーツ仲裁裁判所(CAS))まで持ち込まれることに。最終的には08年5月にまったくの冤罪(えんざい)であったことが認められたものの、多額の費用と時間を費やすなど我那覇は物質的にも精神的にも多くの負担を強いられることになった。

冤罪について多くを語ってこなかった…

 残念ながら、その後、我那覇がかつてほどの輝きを取り戻すことはなく、気がつけばメディアで動向が報じられる機会は著しく減っていった。


 08年限りで川崎を退団。09年から2年間はJ1のヴィッセル神戸でプレーしたが、結局リーグ戦でのゴールはなかった。はた目には、選手として最も脂が乗っていた時期にドーピング違反という思いもよらぬ濡れ衣を着せられ、サッカー人生を狂わされてしまったように思うが、あれから約13年が経過したいま、我那覇はどんな思いを抱いているのだろうか。

栗原正夫

1974年生まれ。大学卒業後、映像、ITメディアでスポーツにかかわり、フリーランスに。サッカーほか、国内外問わずスポーツ関連のインタビューやレポート記事を週刊誌、スポーツ誌、WEBなどに寄稿。サッカーW杯は98年から、欧州選手権は2000年から、夏季五輪は04年から、すべて現地観戦、取材。これまでに約60カ国を取材で訪問している

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント