IDでもっと便利に新規取得

ログイン

古巣アーセナルの危機に帰ってきた元主将
監督としてつかみ取ったFA杯のタイトル
イングランドの国内カップ戦「FAカップ」で、見事王者に輝いたアーセナル
イングランドの国内カップ戦「FAカップ」で、見事王者に輝いたアーセナル【Getty Images】

 今季のイングランドの国内カップ戦「FAカップ」で、見事王者に輝いたのはアーセナルになった。アーセナルと言えばロンドンの強豪であり、タイトル獲得に対して本来はなんの意外性もないかもしれない。ただし今季の北ロンドンの雄はリーグ戦で8位に沈むなど非常に苦しいシーズンを送っていたこともあり、平時以上に価値のある戴冠になった。

狂い始めたチームの歯車

 今季は、ウナイ・エメリ体制の2年目として結果が求められる勝負のシーズンを迎えていた。序盤は開幕2連勝と幸先良いスタートを切ったものの、秋頃からチームの歯車が狂い始める。


 そのきっかけとなったのが第10節のクリスタル・パレス戦だ。この試合、前半に2点を先行して余裕の試合展開になるかと思われたが、その後その2点差を追いつかれ2-2のドローで決着。さらにその試合中、チームキャプテンのMFグラニト・ジャカが途中交代する際にホームサポーターから浴びせられたブーイングに対し、挑発するようなポーズを見せたことが大きな問題としてメディアに取り上げられるなど、後味の悪い試合となってしまった。


 このジャカの行為もあってか、エメリ監督はジャカからキャプテンの座を剥奪することを決断する。こうして5位に位置していたチームに暗雲が立ち込み始めた。するとアーセナルはこの試合を境に勝利の女神から見放され、公式戦7試合未勝利という27年ぶりの不名誉な記録を樹立してしまう。まるで残留争いをしているチームかのような成績に、以前からエメリ監督に不信感を抱いていたファンの不満も限界に達しようとしていた。さらにはエメリ監督と選手との衝突が盛んに報じられ、ピッチ外での不協和音も生じ始めるなど、アーセナルは壊滅的なチーム状況へ陥(おちい)っていた。

悪い空気を一変させたアルテタ新監督の就任

新たな監督としてチームの再建を託されたのが、クラブのOBで主将も務めていた経験もあるスペイン人のミケル・アルテタであった
新たな監督としてチームの再建を託されたのが、クラブのOBで主将も務めていた経験もあるスペイン人のミケル・アルテタであった【Getty Images】

 こうした状況を受け、上層部もついに堪忍袋の尾が切れたのか、EL(ヨーロッパリーグ)でフランクフルトに敗れた翌日の2019年11月29日、ウナイ・エメリ監督の解任が発表された。暫定監督としてアシスタントコーチを務めていたフレデリック・リュングベリが就任したものの、この人事はあくまで一時的な処置で、その裏では新たな後任探しが進められていた。そして何人もの候補者の名前がうわさに挙がっていた中、新たな監督としてチームの再建を託されたのがクラブのOBで主将も務めていた経験もあるスペイン人のミケル・アルテタであった。アルテタはマンチェスター・シティでペップ・グアルディオラ監督の元、約3年間アシスタントコーチを務めていたが、かねてからいつかは古巣であるアーセナルの元へ戻りたいと述べていた。その願いが期せずして叶うこととなった。


 こうして崩壊寸前のチームを立て直すという難しいミッションが課せられることとなったスペイン人指揮官は、チームにまん延していたネガティブな雰囲気を変えるために選手とのコミュニケーションを徹底して行った。


 その中でも印象的だったのが、冬の退団が決定的と見られていたグラニト・ジャカがアルテタ監督の説得により残留を決断したということだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、前述の騒動によって出場機会を失っていたこともあり、違う環境へ身を移すことを決意していたジャカに対し、アルテタ監督自らジャカがいかにこのクラブに必要なのかを説き、クラブの全面的サポートを約束したというのだ。こうしてジャカは以前のようにチームへ欠かせない選手として息を吹き返した。シーズン終了後、ジャカはイギリス『BT Sport』のインタビューで当時を振り返り「彼は僕にもう一度チャンスを与えてくれた。信頼してくれた彼に全てを捧げたい」と明かし、アルテタ監督への感謝を述べている。


 こうした新監督の献身的なチームマネジメントもあり、就任後のリーグ戦では4試合連続ドローなど苦しんだ時期もあったが、試合内容はエメリ政権下と比べてチーム全体の守備意識が高まるなど大幅に改善傾向を見せ、最終的には9勝6分5敗と一定の成績を収めた。順位こそ前半戦の結果が響き25年ぶりにトップ6陥落の8位という厳しい結果に終わったものの、ピッチ内だけ見れば、来シーズンに向けての先行きは決して暗くはない。

エルゴラッソ

サッカー新聞エル・ゴラッソ。通称エルゴラ。国内外の最新サッカーニュースを日本代表の番記者、J1・J2全40クラブの番記者、海外在住記者が、独自の現地取材をもとに、いち早くお届けします。首都圏の駅売店およびコンビニエンスストア・関西地域の主要駅売店にて発売中。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント